映画評「殺し屋の烙印」

☆★(3点/10点満点中)
1969年アメリカ映画 監督チャールズ・マークィス・ウォーレン
ネタバレあり

デビュー当時の反体制派ぶりはどこへやらすっかり保守派イメージが出来上がっていたエルヴィス・プレスリーが歌は主題歌だけに留めた西部劇だが、もともと演技力が大した事がない上に、これほどすかすかのお話ではどうしようもない。

マカロニ・ウェスタンの影響か髭ずらのプレスリーが、メキシコ軍から黄金張りの大砲を奪った昔の仲間に嵌められ、首筋に焼き鏝を当てられて犯人に仕立てられるが、町の保安官に信用を勝ち得て反撃する。

というお話で、保安官がかくも簡単に彼を信用しては興味も続かない。女性陣もちらほらと数名顔を出すが魅力満点とは行かず、退屈千万である。主題歌は悪くない。

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年07月01日 16:48
TB&コメント有難うございます。相変わらずやる気のないプレスリーという感じでしたね^^;)。でも主題歌はホントかっこいいです。しかし、プレスリーの映画をほとんど御覧になったいるとは流石!「ダブル・トラブル」とか「カリフォルニア万才」も以前NHKBSで放送された時に観ましたが、あまりにも脱力しちゃって感想もUPしませんでした^^;)。どうもこの方は映画よりもコンサートのドキュメンタリーとかのほうがずっとイイです。
オカピー
2006年07月01日 18:01
ぶーすかさん、早速有難うございます。
プレスリーも最初のうちは結構面白い半ミュージカルが多かったのですが、60年代も半ばに入ると監督も三流どころが増えてきてすっかり駄目になりました。
内容はどれも似たり寄ったりですが、作品によってはなかなか良いタッチの作品もありましたよ。
同じ万才でも「ラスベガス万才」なんてのは、なかなか面白く出来ていました。とは言っても、あくまで私が他愛ない映画が意外と好きだったりするからですけどね。「映画の価値は主題の軽重では決まらない」というのが信念ですから、どんなに深刻な映画でも下手なものは下手、という角度から映画を観ておりますよ。

この記事へのトラックバック

  • 「追憶」「殺し屋の烙印」

    Excerpt: ●追憶…………★★ 【NHKBS】バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォードの2大スター主演ロマンス。主題歌も大ヒットで有名。彼女の長く真っ赤な爪が印象的。 ●殺し屋の烙印★★ 【NHKBS】.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-07-01 16:21