映画評「亡国のイージス」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・阪本順治
ネタバレあり

一昨日遂に話題作「ダヴィンチ・コード」が日本でも劇場公開されたが、ベストセラーの映画化ほど嫌なものはない。何故なら、原作ファンとやらが馬鹿げた批判を繰り返し、あたかもそれが映画評のように語られ、ひどい場合には「模倣犯」のように一人歩きして、原作を読んでいない人間の評価まで歪めてしまうことがあるからである。

<原作より面白いかつまらないか>をもって映画評とするのは言語道断。まして既に原作が気に入ったファンがその映画化を気に入る確率を考えれば、なおさらである。
 比較は大いに結構、違う点を指摘することも時に有効な映画評になりうる。例えば、第1次大戦後を舞台にした小説を舞台を第2次大戦後に変えただけでそのまま映画化すると、とんでもないことになる。人間の行動に影響を与える時代のムードを考慮せずにまともな映画になるわけもない。こういう観点で語るなら大いに結構である。
 原作へのリスペクトは、人口に膾炙している古典に捧げれば良いのであって、出たばかりの原作などどう扱っても結構。原作通りに作ろうと作るまいと、重要なのは映画として面白いかどうかなのである。一方で、文学を語るべき場所においてならどう映画を批判しても構わない。

因みに僕はアルセーヌ・ルパンの大ファンなので、その立場としては昨年公開された「ルパン」は観る前からとんでもない作品なのであります。ルパンにロマン・デュリスなんて小市民的な役者を使ってはいけない。この時点で既に失格。しかし、映画ファンの立場としては別の観点で語るつもりである。尤も観るのに相当の勇気がいると思う。

本作の原作がベストセラーということなので、敢えてこういう前置きを書いた。僕はかかる前提で映画を観ているので、原作ファンの不満は聞く耳持ちません。

さてやっと本論。
 これは海洋サスペンスが大好きな作家・福井晴敏の同名小説を阪本順治が映画化したサスペンス・アクション。そう言えば、その昔、アリステア・マクリーンという海洋サスペンスの達人がいらして、随分映像化された。

訓練中の海自護衛艦<いそかぜ>が、自衛官を騙る某国テロリスト中井貴一とその一味、そして日本人の副長・寺尾聡に乗っ取られる。
 彼らの要求は、アメリカが極秘裏に開発した化学兵器<GUSOH>の存在を公表すること、副長の息子の死への国家としての謝罪、等である。実現しない場合は既に確保した<GUSOH>を積んだミサイルを東京に向けて発射すると脅迫する。

<いそかぜ>が攻撃のしにくい浅瀬の東京湾に入った為、防衛側としては限られた時間内に同艦を沈没させる必要が出てくるが、先任伍長の真田広之と一時はテロリストと誤解された一等航海士・勝地涼が反撃を試みる。政府側も<いそかぜ>内で反撃の気配を察知した為おいそれと攻撃が出来なくなる。

日本国に向かう原子力潜水艦を描いた韓国製サスペンス「ユリョン」や北朝鮮が日本に攻撃を仕掛けて政府がおろおろする日本映画「宣戦布告」など極東ポリティカル・サスペンスは幾つかあるが、本作が娯楽映画として最も面白い。

ユニークなのは呉越同舟ならぬ呉越同艦。しかし同時にこれが先の展開を読ませてしまう弱点にもなる。日本人が最後まで国名のぼかされている【朝が鮮やかな国】の人間と仲良くやれるわけもない。彼らは最終目的として革命を匂わすが、多分違う。こんな面倒くさいことをせずに<GUSOH>を持って広場にでも行けば革命は成功するだろうから、日本攻撃が目標だったようだね。

後半は時限サスペンス。実質的に時間と主人公・真田の戦いである。極限状況での彼の活躍は目を見張る。サスペンス醸成も抜群ではないが悪くない。「ホワイトアウト」と似たり寄ったりと言えないこともないが。惜しむらくは主人公自身が時間の切迫を認識していないので、手に汗を握るというところまでは行かない。

これ以上は言わぬが花だが、極めて馬鹿げているのは女性戦士の色添え。ハリウッド映画の悪影響かいな。彩りにならないだけでなく、観客を意味もなく混乱させ、上映時間を長くさせることだけに貢献した。
 さらに、時に挿入されるフラッシュバックの意味が非常に解りにくい。

もっと褒めようと思って書き始めたが、余り褒めていないね。

因みに、原作をここまでばっさり切って縮めたのは原作者本人。

この記事へのコメント

viva jiji
2006年05月22日 18:09
>アリステア・マクリーンという海洋サスペンスの達人がいらして・・・
キャッ!別名イアン・スチュアートですね?「ナバロンの要塞」「荒鷲の要塞」「サタンバグ」「八点鐘が鳴るとき」ですね~。「サタンバグ」は大好きなJ・スタージェス監督、主演G・マハリス(昔♪「ルート'66」なんぞ唄ってましたっけ?)「八点鐘~」ホプキンスにN・ドロンでしたね、プロデュースがほらあの「動く標的」「エンゼル・ハート」のE・カストナー!!すごい、すごい!また観たくなりましたよ~!あれ?ごめんなさい、マクリーンで喜んで「亡国のイージス」どっか行ってしまいました。(笑)つづきます。
viva jiji
2006年05月22日 18:10
つづきです。福井氏自身がここまで脚本を切り捨てて勝負に出るならば、なおさら(装備にほとんど持っていかれた制作費はさておいて)観客が頷けるだけのメイン・キャストのキチンとしたキャラ付けが為された上での骨太の男の闘いを描くべき。(役者もヘタだわ)爆弾や戦艦を錦の御旗に掲げるのは日本人の力量では無理。かの「七人の侍」を持ち出すまでもなく黒沢さんがエライのはあの村民を守る使命を持った捨て身の侍の人間性をダイナミックに映し切ったところ!勘兵衛でしたっけ、志村喬のあの人物像だけでも一編の映像詩になりますってば!相変わらず、長文でごめんなさい。(謝)
オカピー
2006年05月22日 18:37
viva jijiさん、こんばんは。
この作品の最大の欠点は壮大なドラマになる可能性のあるものを2時間という枠に押し込めた中途半端さでしょう。だからこそ私は言いたい、観客はもっと我慢強くなりなさいと。viva jijiさんの仰ることは極めて正論で、登場人物にもっと血と肉がついていたらもっと面白くなったのでしょうが、すると少なくとも3時間は必要となる。そうすれば役者ももっと良い演技をする(希望的観測)。
崔洋一が「『血と肉』はもっと長くないといけないが、時代の要請でそれがむりなのだ」と嘆いていました。つまり、2時間を越えると真の映画ファンはともかく一般客がついてこない。これは恐らく多くの映画人が感じているジレンマでしょう。
また「アビエイター」が長すぎるとコメントする人がいたが、あれは短すぎるから寧ろ面白さが満喫できなかった、というのが私の考えです。
日本人に限らず、現在の人間は急ぎすぎ。4時間でも面白いものは面白いのだから、堂々と作れば良いのです。
ベルイマンの傑作「ファニーとアレクサンデル」は5時間を越える大作でしたが、面白かったなあ。
viva jiji
2006年05月23日 07:17
特に日本人は急ぐようになったかと。物質的に豊かになった分、時間が足りない。しいて言えば映画を観るための時間は、かつてあったような「特別の時間」ではなくなったのは事実。だって他にしたいこと、やりたいこと(映画以外の嗜好)がたくさんあるのですから。プロフェッサーさまの映画愛の根底には「人間愛と共に温かい期待感」があると私は感じました。(あくまでも私見ですから)私は人間に期待していないのです。(笑)ネガティヴな意味でなく自分も含め「人間ってこんなもんさ」と思う人なのです。(つづく)
viva jiji
2006年05月23日 07:17
上映時間の件です。異なった焦点ですが韓国映画の戦争映画の傑作「ブラザーフッド」は2時間34分、「イージス」は2時間7分、27分の差です。たとえ「イージス」に27分の長さを与えても「枝葉末節」が増えるだけのシロモノになる、と私は踏んでいます。朝から晩まで垂れ流し情報のTVをつけっぱなし、本はマンガばかり、休みはゴロ寝かパチンコ、英語を何年も習ってもロクに話せず、自国語もウソ字で平気、人の目を見て会話ができず、国際社会で自国の立場の位置加減もわからず、全部とは言いませんが「安きに好んで流れて」いる今の日本人のどこにベルイマンの5時間!の名作を堪能できる「器量」がありますか?プロフェッサーや私はそれらを観てこれた年代。実に幸せ者でありこれ以上の「贅沢」がありましょうや!
オカピー
2006年05月23日 16:27
viva jijiさん
訂正。「血と肉」ではなく「血と骨」でした。
すんません。何だか自分が怒られているような・・・
映画ファンや映画批評家に対する批判が多いのは、期待感の裏返しなのかもしれませんね。viva jijiさん、映画ばかりでなく、人間洞察の達人ですか?
「ブラザーフッド」は、「プライベート・ライアン」同様戦闘場面が長すぎて退屈するところもありました。映画館で観ればリアルさに圧倒される可能性もありますが、TVで観るには戦闘シーンは冗長に映ります。
「イージス」はもっとスティーヴン・シーガル調に徹底できればよかったのですけど、viva jijiさんによるとそれは無理、と最初から否定されてしまいましたね(苦笑)。
この作品を酷評した方に言わせれば、ゴミに等しい作品だそうですが、彼の基準はエヴェレストのように高いようです。私はそんな高い基準で映画を観たくありません。私はせいぜい地元の妙義か榛名くらいでいい。この映画は浅間は無理でも赤城くらいは行くでしょう。
贅沢・・・どこかで同じような台詞を聞いたなあ。暫くその贅沢を続けていたいと思っています。
chibisaru
2006年06月22日 19:21
意外と面白かったんですよね・・私。(笑)
ケチつけるところはいっぱいあるかもしれないけど、でも、結構いいんじゃない?なんて感じました。説明不足なのは、原作があるものだからこの程度の描き方で理解してくれるでしょ??なんて言われているみたいだったけど、想像しか出来ないし、そういう意味では説得力とか人物像とか伝わりにくかったけど、題材は面白かった。そこそこハラハラもさせてもらえたし、ふむふむそれでどうするの??と思わせてくれたから(笑)
邦画もなかなか頑張るじゃないかなんて(笑)

皆さんからすれば、相変わらずお子チャマでひねりも何もない観方しか出来ませんが、おかげでその分映画を見ることが楽しめて、これはこれでいいのかな?なんて思い始めました^_^;
オカピー
2006年06月23日 00:15
chibisaruさん、こんばんは。
ええ、それで良いんですよ。

>そこそこハラハラ
この映画の眼目はそれでしょう。
確かに分りにくい部分があり、終ってみると結果的に無視しても良い。無視しても良いくらいなら最初から入れるな、という話になりますが、侃々諤々(かんかんがくがく)と論議すべき映画とも思えないんですよね。
ぶーすか
2006年11月01日 15:56
<ベルイマンの傑作「ファニーとアレクサンデル」は5時間
昔、劇場で見ましたが、そんなに長かったんですねー。全然気にならなかったです。名作はどんなに長くても体は辛くならないのでしょう。それとも若かったからか^^;)?
長くて辛かったのは「君の名は・1〜3部」のでした。全6時間だったかなぁ。キツかったー。
<極めて馬鹿げているのは女性戦士の色添え
これは私も同意見。あの女スパイはいらないのでは。でも「某国テロリスト中井貴一」のキャラを描く上で必要なキャラだったのでしょうか?とにかく沢山のキャラがゴチャゴチャと出てきて、その分、主要キャラの描き方が中途半端に思えました。
オカピー
2006年11月02日 03:11
ぶーすかさん

<「ファニーとアレクサンデル」
おおっ、ご覧になりました。面白くて、一緒に見た観客からも退屈そうな人は一人も見かけられませんでした。最初からミーハーが入っていないということもあったのでしょうが、これは珍しい現象。
当時はベルイマン最後の劇場映画と騒がれ、ファンを嘆かせましたが、この度新作が見られます。行きたいのだけれど、東京まで体調が持ちそうもありません。

「君の名は」は岸恵子のバージョンですか? 連続すると6時間もありますか。年を取ると4時間以上は無理かなあという感じですね。

もっと単純にしてスティーブン・シーガルみたいにすれば良かったのですがね。それは無理だと映画鑑賞の先輩viva jijiさんは仰っております。

この記事へのトラックバック

  • 「亡国のイージス」

    Excerpt: ・・・凡庸そのものの作品・・・でした。 観る前から、そう思っていたけど・・・ やっぱり、そうでした。 「亡国のイージス」・・・題名は、ピリッと来るものがあったんだけどね。 制作費12億円ですって。.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-05-22 18:17
  • 隔離された空間での戦争映画◆亡国のイージス

    Excerpt: 7月18日(月・祝)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて こういう系統の映画は得意ではないので、自分でお金を払っては絶対に観に行かないだろうなと思いつつ、何気なく試写会に応募してみたら当選したので観.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2006-05-22 19:04
  • 映画『亡国のイージス』

    Excerpt: 小麦粉をベースに「スピード」と「ダイ・ハード」と「シュリ」を一掴み振りかけて、日本風味でダイエット向きのお好み焼きにしたのが、この作品・・・。 イージス艦シージャックの背景やら動機やらは、い.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-05-23 00:57
  • <亡国のイージス> 

    Excerpt: 2005年 松竹 128分 監督 阪本順治 脚本 長谷川康夫  飯田健三郎 撮影 笠松則通 音楽 トレヴァー・ジョーンズ 編集 ウィリアム・アンダーソン 出演 仙石恒史:真田広之    宮津弘隆2等海.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-05-23 17:06
  • PROMISE�ʥץ�ߥ��� <̵��> �ץ�ߥ���BOX����¡�

    Excerpt: PROMISE�ʥץ�ߥ��� <̵��> �ץ�ߥ���BOX������ Weblog: PROMISE�ʥץ�ߥ��� &lt;̵��&gt; �ץ�ߥ���BOX����¡� racked: 2006-06-07 11:36
  • #629 亡国のイージス

    Excerpt: 製作:坂上直行、久松猛朗、千野毅彦、住田良能 製作総指揮:伊達寛、川城和実、長瀬文男 、北川淳一、佐倉寛二郎 プロデューサー:古川一博 、河野聡、伊東森人、 内藤和也 、椎井友紀子 アソシエイト・.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin&#39; in the Wind- racked: 2006-06-22 19:15
  • 残念だった映画4 「亡国のイージス」

    Excerpt: キャストは揃っているのですが、内容はがっかり。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2006-10-15 20:29
  • 亡国のイージス 寺尾聡は撃たれ役が似合う

    Excerpt: 亡国のイージスを日曜洋画劇場で見たよ。すばらしい映画は僕を優れた読書家にする。むしろ「ウルルン」をみる。あんまり感想らしい感想もございませんが一応描いてみましょう。 二世俳優総出演。 寺尾聡がどんど.. Weblog: coza4 ニュース racked: 2006-10-31 12:49
  • 「亡国のイージス」「この世の外へ クラブ進駐軍」

    Excerpt: ●亡国のイージス ★★ 【地上波】阪本順治・監督、真田広之・主演。 海上自衛隊のイージス護衛艦が乗っ取られ、東京が攻撃に曝される危機に!期待していた割にはどうもイマイチ…。 ●この世の外へ クラブ進駐.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-11-01 15:26
  • 「亡国のイージス」~七光りとは言わせない!

    Excerpt: 亡国のイージス2005年日本監督/阪本順治出演/真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一 チェ・ミンソ   吉田栄作 谷原章介 橋爪淳 真木蔵人 岸部一徳    原田美枝子 原田芳雄 鹿内孝 勝地涼(今日.. Weblog: お茶の間オレンジシート racked: 2006-11-26 22:50
  • 映画評「人類資金」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-01-12 21:24