映画評「激突!」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1972年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

昨年の9月2日にブログを立ち上げたので今日で丸1周年ですが、映画評は9月3日からなので今日は365日目でもあります。そこで記念すべき一作をということで、この傑作中の傑作を取り上げることにしました。

映画史的なところから始めれば、これはスピルバーグの出世作である。当時25歳だったと思う。僕はどえらい新人が出たなと思い、スピルバーグはとんでもない天才だから今後注目していなさいと喧伝したが、果たしてその通りハリウッド一の監督になった。
 しかし、米国以外では劇場公開されたが、元々はTVムービーであるということに耳を疑った。TVでこの質の高さはわが日本ではとても考えられないからである。

スピルバーグの殊勲も相当なものだが、この作品の最大の功績者は脚本のリチャード・マシスン。「ヘルハウス」や「ある日どこかで」といった面白いお話を書いた作家兼脚本家である。勿論この作品が生涯のベスト1であろう。

平凡なうだつの上がらないセールスマン、デニス・ウィーヴァーが山岳地帯の一本道でのろのろと走っているディーゼル・タンクローリーを追い抜く。すると今度は猛スピードで追いかけてくるので、先に行かせてやるとまたのろのろ。
 「この野郎」と思って抜いた後、ガソリンスタンドで一服していると、あろうことか相手もそこに立ち寄る。
 せいぜい日常的なレベルだった嫌がらせによる不安が凶暴性による恐怖に変わる瞬間である。いかれたラジエーターを直さなかったつけも後で廻ってくる。

本作の最も優れたところは、極めて日常的な行為に恐怖を見出した着眼点である。そこがスピルバーグのもう一本の代表的ホラー映画と見做される「ジョーズ」と決定的に違う。「ジョーズ」もサスペンス醸成は優れているが、元来怖い鮫が主題では全く比較にならない。着想の妙から言えば「鳥」に匹敵するのは本作である。
 恐らく似たような話を考えた人はいるだろうが、マシスン以外は単純で直線的な話を膨らますだけの才能がなかったということであろう。エピソードの数々が非常に優れていて、タンクローリーに追いかけられるというだけの話をもってこれだけの恐怖映画に仕立てたことは賞賛に値する。

それを映像化する演出家が凡庸ではその芸術的な脚本も死んでしまうが、スピルバーグの演出がまた際立っている。主観、客観ショットを縦横無尽に交えたカメラワーク。そしてショットの繋ぎが抜群で、その為サスペンス醸成は圧倒的と言って良い。
 特に圧巻なのは、次の場面である。

タンクローリーが先にレストランを出る。後からゆっくり車を走らせていると、エンジントラブルのバスがあって応援を頼まれる。が、彼の乗るおんぼろプリマスではどうにもならない。徒労の後ふと見上げると、例のタンクローリーがこちらに向いて待っている。この瞬間の恐怖たるや声もない。
 さらに、バスから離れ後ろを振り返るとタンクローリーが親切にもバスを押している。ここぞチャンスとスピードを上げ距離を作り、長い貨物列車に塞がれた踏切で停車していると、突然車が後ろから押される。この場面のショックと続くサスペンスにも肝が冷やされる。
 ここまで来ると、もはや芸術の域と言うべし。

さて、本作を語る時に忘れてならないのは、タンクローリーの運転手が最後まで姿を見せないことである。運転手がどんな顔のどんな人物か解らないので、恐怖は必要以上にあおられる。マシスンはこのアイデアだけで天才と評しても差し支えないのだが、マシスンの脚本には隠し味があった。いや隠し味どころかそれが狙いであったはずだ。狙いとは何か。

タンクローリーも遂には崖から落下して最期を遂げる・・・マンモスの末期のような悲鳴をあげて。そう、マシスンは最初からこのタンクローリーを原始時代のマンモスに見立てていたのである。だから、運転手の顔を一切見せなかったのだ。一度見せれば観客はこのタンクローリー自体を生き物と捉えることが出来なくなる。マシスンは、現代の人間対人間の対決を原始人対マンモスの対決に置き代え、人間の本能的闘争心に迫ろうとしていたのである(主人公が恐妻家で、ラジオでは【生存競争が嫌で家にいる夫】の話が流れている。これも伏線となっている)。

主人公はタンクローリーが落ちた瞬間にマンモスを仕留めた原始人のように欣喜雀躍する。しかし、数分後には現代人の表情になり空しく崖の下に向って石を投げている。彼はこの1日で現代から原始時代へそしてまた現代へとタイムスリップしたのだ。サスペンス以外に大したドラマがないように見えるこの作品にも、実はこんな壮大な心の時間旅行があったわけである。

この記事へのコメント

十瑠
2006年09月02日 16:45
10点ときましたか。
私も初めて劇場で観た時には感激しましたね。原作も読みました。
TVでも何回も吹き替え版が放送されましたが、その度見ていたように思います。
思い出しながら書いた記事はコチラです→(http://blog.goo.ne.jp/8seasons/e/1101fbd4b4d12b33141295c291fbfebd
オカピー
2006年09月02日 18:08
十瑠さん、こんにちは。
80年くらいまでは殆ど毎年のように観続け、レーザー・ディスクを買っては観ているくらいですから、満点ですね。
映画として直線的で純粋なところが良いですね。ヒッチコックのベスト作品でもこう単純にはできない。ヒッチコックも「私は要素をそぎ落としていく芸術家のタイプだ」と言っていますが、娯楽映画もこれだけ絞り込んでいくと、純粋な芸術になると思っています。芸術映画の芸術よりこちらのほうがずっと良いです。
惚れ惚れしますよ。
2006年09月03日 01:21
お邪魔します。
「ヘルハウス」や「ある日どこかで」の脚本家なのですか。
どちらもヒジョウに頭に残っている作品です。
どんな大スターが出演している作品でも 脚本が面白くないと
もう一度みたいと思えません。(偉そうですみません。汗)

正体不明のものに追われる恐怖はたとえようのない不気味さが
あるように感じます。
この運転手 脚しか見えませんでした。。。すごくこわい!!
画面に釘付けになってしまう映画です。
オカピー
2006年09月03日 02:54
ベスちゃんさん、こんばんは。
映画は脚本が第一ですからね。その脚本も演出でよくも悪くもなりますが、悪い脚本は良い演出を以ってしても良い映画にはなりませんよね。
「ヘルハウス」も脚本の出来が大変良かった記憶があります。「ある日どこかで」でもひねりがあって興味深い作品でした。

本文で書いたように運転手を隠したことが最大のファインプレーでしょうね。
viva jiji
2006年09月29日 18:59
うまい監督は脚本の「行間」を徹底的に“読む”。
たった一行のホンを最大の効果を上げる膨らませ方をして観る者をアッと言わせる演出・映像作りをする!
本作はそれらの最たるものでしょう。
プロフェッサーは「動的」な場面に鋭く反応なされたようですが私はあのドライヴ・イン・・・カウンターに腰掛けている数人の男たちとボックス席のウィーバー、自らの心の声に振り回されている焦燥感描写、後ろ向きの男たちとの物言わぬ駆け引き、最大限に緊張し、目論みが無残にも外れたそのとき・・・トレーラーが動き出す・・・あのタイミング、お見事!!
本作には私も10点つけさせて下さい。
簡潔の技、省略のいさぎよさ、余韻の美、です。

TBさせていただきました。
オカピー
2006年09月30日 00:52
viva jijiさん
早速のご対応、有難うございました。
いやあ、10点を付けたのですから、全て満足です。

ご指摘の場面も素晴らしかった。トレーラーというかタンクローリーが動き出すタイミング・・・憎らしいですねえ。主人公は別の意味で憎らしいと思ったでしょうか。
言うまでもないですが、運転手の顔を見せずに、トレーラーを動物化(非人間化)させるアイデアも秀逸でしたね。

>簡潔の技、省略のいさぎよさ、余韻の美、です。
正に正に。
chibisaru
2006年10月11日 11:59
こんにちは。
タイムスリップ映画とまでは気がつきませんでしたが、運転手の足とか腕しか見えないというのは恐怖を煽られまくってしまいました。
そのことでタンクローリーがまるで巨大な動物のように感じられ、更に怖かったです。
タンクローリーを追い越すなんてのは、日常にある出来事なのにそれが一転こんなに恐ろしい体験へと変貌する・・・。

思い出すだけで怖くなってきました。
オカピー
2006年10月11日 15:33
chibisaruさん、こんにちは。
>タイムスリップ論
いやあ、誰も「そうだったのか」と言ってくれないので、事前に書いてしまいました(笑)。皆さん、解っていたのかなあ。

英語で言うと、State of the Artという言うべき作品です。つまり芸術の域ですが、このARTは芸術映画の<芸術>ではなく、映画芸術の<芸術>ですね。
文句なしです。
シュエット
2009年01月14日 15:15
年末年始とかなりトーンダウンしてまして、ちょっとご無沙汰でした。
「激突」をもってのP様の新年の挨拶は、なによりの嬉しい挨拶と元気印でした。ありがとうございます。そして今年もよろしくお願いいたします。
この映画。なんも申しますまい。申さずとも観たら判る!
この映画みると、やはりスピルバーグって才能あるんだって思う。
彼は若いとき「コロンボ刑事」とかで随分と鍛えられてますよね。
特典映像で本人が「僕も利口になって、あれこれ考えるようになったからね。こんな映画は今の僕には撮れない」って語っているのもスピルバーグらしい素直さに思わず笑ってしまった。
タイムスリップ映画とは!P様も相当この映画にはまり込んでますね。
しかし顔の見えない恐怖。ちかちかと点滅するライト。上手いよなぁ。
オカピー
2009年01月15日 01:07
シュエットさん、こんばんは。

そう仰って戴けると大変嬉しいです。<(_ _)>

>スピルバーグって才能あるんだって
当たり前です(笑)。
いや、色々ご批判の多い今だって、僕なんか編集で観るから「相変わらずなめらかだなあ」なんて思うんですよ。こういう絹のような編集ができるのがわが邦の山田洋次くらいで、ご贔屓トルナトーレはこの二人とはタイプが違うけれどやはり編集が抜群。スムーズで効果的な編集という点で映画を語るならこの三人ですよ。

「宇宙戦争」もそうだけど、「AI」も決して実力に合った評価はされていない不幸な作品。哲学的な作品なのにスピルバーグの名前のせいで随分安易に片付けられてしまった。本当は「2001年宇宙の旅」にも匹敵する深遠なテーマがもっと娯楽的に上手く描かれていたと僕は思いましたが。

続きますよ。
オカピー
2009年01月15日 01:14
>タイムスリップ映画
まあね。^^;
しかし、作者が明らかにそれ(心のタイムスリップ)を狙っているはずで、深読みではないと思うのです。^^
トラックの運転手の顔を見せないのも恐怖を増幅するアイデアとしては最初から解りましたが、それがタンクローリーをマンモスそのものに見せる工夫でもあったと気付いたのは5,6回観てからですよ。
そして、タンクローリーは悲鳴をあげて崖から墜落して行く。
お話としても実に見事ではありませんか。
「オメガマン」=「アイ・アム・レジェンド」のマシスン(の原作)はそれほど冴えていませんが、本作の冴えは素晴らしい。しかし、スピルバーグの演出が良いので原作を上回っちゃったでしょう。

>刑事コロンボ
本作の前にTV映画を3本くらい撮っていますよね。そのうちオカルト映画は余り大したことがないと当時思いましたが、どこかに実力の片鱗が垣間見えていたかもしれません。
シュエット
2009年01月15日 11:26
>「AI」も決して実力に合った評価はされていない不幸な作品。
これは劇場では未見ですが、娘は大いに気に入って、というか、私が仕事を始め、家に帰っても母親はおらず、息子は受験でいらついていてという状況で観たからか、レンタルで観たときはとっても感情移入して涙流しながら観たんだそうで、評価低いけど私は好き、って、大人になってから初めてこの時のことを話してくれました。子供って、私も子供時代を振り返ると、子供って無邪気なように見えて、周囲の大人たちをよくみているし、本当に言わなければならないことは胸に隠し持っているんだなって、改めて思いました。「AI」がらみでちょっと思い出したこと。
オカピー
2009年01月16日 01:34
シュエットさん、こんばんは。

先日viva jijiさんが「汚れなき悪戯」の記事を書かれていましたが、「AI」を真に理解するには「汚れなき悪戯」と「ピノキオ」をきちんと観て理解し、かつ、かの少年型アンドロイドに光を当ててできた影ではなく、そこを通り過ぎた光にこそ作者は人間なるものを投影していることを理解する必要がある、それくらい哲学的な作品です。
そこまでは読めないのが当たり前ですが、かと言って極めていい加減な本作への批判を見過ごすことは出来ないんです。

アンドロイドが指示通りにしか動かないこと、永久に記憶を留めることこそ本作のキーポイント。これを「ピノキオ」と「汚れなき悪戯」と重ねて観ると、幕切れの本当の意味が明らかになるはずなのです。

いつかは「AI」を解読するという研究文でも書きたいと思っているんですけど、なかなか実現できません。
vivajiji
2010年06月30日 20:09
やはり「いいものはイイ!」
「何度観てもイイ!」
「映画館で観ればなおさらイイっ!」(^ ^)

若きスピルバーグの出世作にして
追いつ追われつの大傑作!かたや
名監督W・ワイラーの史劇の名画。
大きなスクリーンでヨダレまみれに
なりながら鑑賞して参りました。(笑)
拙ブログ記事千回目ということで
TBさせていただきました。

中高年映画ファンのための
シネコン企画・・・
地方都市とはいえ
都会に住む映画好きの特典を
享受できる幸福をあらためて
感じるきょうこのごろでございます。
オカピー
2010年07月01日 01:24
vivajijiさん、1000記事おめでとうございます。

本館で10年くらい前に考えたマイ・ベスト100映画を記載しておりますが、あれはどうも気取りすぎで、若年時の衝撃度とかつ現在の鑑賞力にも堪える完成度を考え合せると、「激突!」はベスト10に入れるべきかもしれないですなあ。

「ベン・ハー」は中学の時にリバイバルで映画館で観ましたよ。感動したなあ。
かつかつですけど、これもベスト100に入れてあります。^^
mirage
2023年08月09日 21:48
こんばんは、オカピーさん。「激突 !」に関する鮮やかな切り口、視点によるレビューに唸らされました。
オカピーさんが、10点/10点満点中と最高の評価をされていますが、私もスピルバーグ監督作品の中では一番好きな作品です。
そこで、この映画について感想を述べてみたいと思います。

「激突 !」を再見すると、少し誇張して言えば、ここにスティーヴン・スピルバーグ監督の全てが、すでに顔をのぞかせているのがわかりますね。

デビュー作に表現者の生涯の全部が表れると言われますが、奇しくも日本での初登場となった「激突 !」の中に、スピルバーグの本質は、全て花開いていると思います。

普通車に乗って出張中の平凡なサラリーマンが、巨大なタンクローリーに執拗に追われる。
初めは気にもしていなかったのが、相手は「大」で、こちらは「小」、だんだん怖くなってくる。

次第に生命の危機さえ感じて、逃げて逃げまくる。
タンクローリーが地獄の底までつけまわしてくる。
最後にサラリーマンは、必死の覚悟でタンクローリー車に戦いを挑む。

「小」が「大」と戦う。そして、タンクローリーは谷底へ落ちていくのだった--------。

単純なストーリーだ。セリフはほとんどないし、だいいちセリフなんか必要がない。
映像が全てを語って余りある。

追いかけられる理由が全くない。
だから、不安が増してきて、いつか恐怖におののいて逃げまどう。

アメリカ西部の荒野を背景に繰り広げられるカーチェイス映画であり、延々と走り続けるという意味では、アメリカ映画お得意のロードムービーの伝統も引き継いでいるが、"不気味な不安と恐怖"が次第に高まっていくサスペンスが、実に見事だ。

私は、この映画を観ながら、フランツ・カフカの小説「変身」が脳裏をよぎった。
ある朝、主人公のザムザが目覚めると、大きな虫に変身していたという、有名な短篇小説だ。

主人公がなぜ虫になってしまったのか、その他、全ての「なぜ」に説明がないまま、彼はよりによって家族に殺されてしまう。
現代人の存在の根源的な不安を先取りした不条理を描いていた小説だった。

内容は違うが、この「激突 !」も何がなんだかわからないままに、追いかけられる。
これまた不条理。タンクローリーの運転手の顔は一度も映画に出てこない。

この映画の成功の大きな要素は、実はここにあるのだが、アイディアはスピルバーグの天才性を示していると思います。

相手がいかなる魂胆を持って追いかけてくるのか、想像することさえ拒否している。
いや、あらゆる想像が可能だ。だから不安が増す。

主人公の不安と恐怖は、現代という時代を象徴している。
現代は社会が肥大化し、機械文明が巨大化し、人間が機械を制御することが困難な時代だ。

いや、機械に人間が振り回されていると言ってもいいと思う。
なんとも恐ろしい。そんな不安と恐怖は、例えてみれば、理由もわからずにタンクローリーに追いかけられているサラリーマンの男に似ている。

現代に生きる人々は、いつ何どき同質の不安と恐怖に陥れられるかもしれない。
ある日、突然、虎になっていたという中島敦の「山月記」をも想起させますね。

そんな時代に我々は生活しているのだと思います。
日常の隣に、底なしの暗闇が我々を飲み込もうと待ち構えているようでもある。
だからこそ、この「激突 !」にリアリティを感じてしまうんですね。

とにかく、スピルバーグの不安と恐怖の雰囲気づくりが見事だ。
「第三の男」で見せたキャロル・リード監督の鮮やかなサスペンス描写に匹敵すると思います。

スピルバーグの演出のうまさに舌を巻いて観ているうちに、すっかり私は画面の中に吸い込まれるが、スピルバーグ演出の基本はリアリズムだと私は考えています。

スピルバーグは、大冒険活劇が得意であり、科学的ファンタジーの世界やら、恐竜時代を豊かな想像力で再現するなど、誰もが到達できなかった映像世界を切り開いた映画作家には違いありません。

だが、スピルバーグの出発はリアリズムだ。
初め、気楽にタンクローリーを追い抜き、また追い抜かされる遊びをやっていたサラリーマンに恐怖が生まれる。
そこに至る描写には種も仕掛けもない。
つまり、ファンタスティックなものが入り込む余地がないリアリズムだ。

ドライブインのシーンでの多少思わせぶりな演出を除くと、全編に嘘がない。
スタジオで撮ったテレビ・ドラマではなく、ほとんどが自動車の実写を含むロケで撮っているが、後にスピルバーグがSFXやCG技術を駆使して、いわば「作り物」の世界を、いかに本物らしくどのように大袈裟に作り上げて、観る者を喜ばすかに全知全能を傾けることになるのとは、全く違っている。

これが、スピルバーグの出発なのだ。
「激突 !」が追われる者の不安と恐怖を描く、すなわち不条理を押し付けるだけの映画だったならば、この映画の価値はさほど大きくなかっただろう。

原題がDuel=決闘とあるように、追い詰められたサラリーマンは、逃げまどいながらも、その不条理=悪と「決闘」する決意をし、土壇場で男気を出すのだ。
リアリズムから離れるとすれば、このラストだけだ。

不条理なものに対しては、己は例え小の虫であっても、不退転の決意で敢然と戦う。
この正義の心をはっきりと打ち出したところに、アメリカ的な理想主義があり、ヒューマニストであるスピルバーグのスピルバーグたる所以があると思います。

ヒューマニストとしてのスピルバーグは、早くもその第一歩の時点で、はっきりとその顔をのぞかせていて、この勇気と上昇的な気分がなければ、世界中でこれほどまでに支持される代表的な映画人にはなれなかったに違いありません。
オカピー
2023年08月10日 12:19
mirageさん、こんにちは。

>スティーヴン・スピルバーグ監督の全てが、すでに顔をのぞかせているのがわかりますね。

そうですね。
ユダヤ人ということで、“逃げる”というテーマも彼の大きなテーマの一つであって、後年「宇宙戦争」のリメイクでもひたすら逃げました。

>タンクローリーの運転手の顔は一度も映画に出てこない。

仰る通りこれが本作の成功の所以ですが、序盤ラジオから聞えて来る【生存競争】、そして幕切れと考え合わせると、何故顔を出さなかったのか一目瞭然ですね。しかし、残念ながらそこまで解る人はそう多くないようです。だから、僕がそれなりに詳しく書いたのですけど。

>スピルバーグ演出の基本はリアリズムだと私は考えています。

それと関連するかもしれない彼の特徴は、スローモーションを使わないということ。本作の幕切れで例外的に使っていますが、それはあの長さがないとタンクローリーをマンモスに見立てることが不可能だからです。

>アメリカ的な理想主義があり、ヒューマニストであるスピルバーグ

スピルバーグは戦前の映画を大量に見てい、恐らくフランク・キャプラも好きでしょう。スピルバーグはアメリカの良き伝統を継いでいると思います。

この記事へのトラックバック

  • スティーヴン・スピルバーグ 「激突!」「A・I」

    Excerpt: 「激突!」‘72 「キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン」‘02 「E・T」‘82 「シンドラーのリスト」‘93 「1941」‘79 「刑事コロンボ/構想の死角」‘71 「ジュラシック・パーク」‘93 「.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-09-29 17:36
  • #662 激突!

    Excerpt: 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作:ジョージ・エクスタイン 原作:リチャード・マシスン 脚本:リチャード・マシスン 撮影:ジャック・マータ 音楽:ビリー・ゴールデンバーグ 出演:デニス.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin&#39; in the Wind- racked: 2006-10-11 13:10
  • 「激突!」

    Excerpt: DUEL 1971年/アメリカ/90分 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作:ジョージ・エクスタイン 脚本:リチャード マシスン 出演:デニス・ウィーバー 音楽:ビリー・ゴールデンバーグ .. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-01-11 19:53
  • 『激突』この映画を見て!

    Excerpt: 第279回『激突』 今回紹介する作品はスピルバーグの名を一躍有名にした『激突』です。本作品は元々テレビムービーだったのですが、あまりの完成度の高さに海外では劇場公開されました。  平凡なサラリーマンが.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2010-01-03 21:30
  • 1000記事目でございます。

    Excerpt:  本日で1000記事UPと相成りましたので、記念にと  温めていたあの映画、あのお題目といろいろ巡らしましたことは  巡らしたのですが・・・何もスペシャルなことは画策せずに  いつも通りのおしゃ.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2010-06-30 19:51
  • 映画評「激突!2015」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督マイケル・バファロー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-04-23 15:32
  • 映画評「ある日どこかで」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 1980年アメリカ映画 監督ジュノー・シュウォーク ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-05-08 09:06
  • 映画評「ジョン・カーペンターの要塞警察」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 1976年アメリカ映画 監督ジョン・カーペンター ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-07-04 09:32
  • 映画評「ロスト・バケーション」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ジャウマ・コレット=セラ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-04-10 08:43
  • 映画評「チェイサー」(2017年)

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督ルイス・プリエト ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-08-15 08:59