映画評「テレフォン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1977年アメリカ映画 監督ドン・シーゲル
ネタバレあり

続けてロシア(ソ連)絡みのテロ映画となったのは全くの偶然で、こちらは27,8年ぶりの再鑑賞。観るなら断然こちらをお奨め致します。

アクション映画の職人ドン・シーゲルが映画化したスパイ映画。
 原作はテロ・サスペンスが大好きウォルター・ウェイジャーの小説で、ピーター・ハイアムズとスターリング・シリファントという才人二人組が脚色に当たっている。

プロローグはモスクワ。ソ連のKGBがダルチムスキー(ドナルド・プレズンス)という人物を急襲するがもぬけの殻。
 7週間後アメリカはデンヴァーで、自動車修理工が電話で詩の一節を聞いた途端に車を走らせ、兵器倉庫に体当たりして爆死するという事件が起き、CIAはロシア・タカ派高級官吏が24名も殺された怪事件とこちらの事件の関連性を取り沙汰する。

本作が作られたのは1977年、60年代末からのデタント(緊張緩和)で冷戦ムードが吹き飛び、自由主義体制の敵がソ連からテロリストに変りつつある時代で、その辺りの当惑がCIAでも起こっていることを感じさせるのが大変興味深い。

さて、タカ派ダルチムスキーは緊張緩和ムードが気に入らず、冷戦の最中に薬物催眠してアメリカに送り込んでいた無自覚工作員たちに電話を掛けて事件を起させていたことが徐々に判って来るが、核戦争勃発を恐れるKGBは少佐チャールズ・ブロンスンをアメリカに送り、アメリカ人の女性局員リー・レミックと夫婦を偽装させ、男の暗殺を謀る。

ブロンスン主演の映画としてはアクションよりは頭脳重視のサスペンスで、薬物催眠や完全記憶(フォトグラフィック・メモリー)といった言葉がスパイ映画気分を盛り上げ、シーゲルの演出は序盤の急襲場面から馬力全開。質実だが力強い描写は見応え満点である。
 余分な要素を取り去った脚本もやはり才人の作品の感ありで、力のない作家に限ってメッセージなどのまやかしで誤魔化そうとする。幕切れもアメリカ映画らしく気が利いている。

といった次第で、この時代のブロンスン主演映画としては断然の秀作と言うべし。

因みに、原題がTelephoneではなくTelefonなのは、ロシア語の暗号名Телефонを逐一西欧式に置き換えたからである。

この記事へのコメント

トム(Tom5k)
2007年02月05日 20:06
オカピーさん、こんばんは。
これ、中学生のときにリアル・タイムで観に行きました。同時上映は、リメイクの『恐怖の報酬』。こちらを観たくて言ったのですが、『テレフォン』の方が断然面白かった。
むかしは、2本併映が一般的でしたから、本命ではないもう一本の方の「掘り出しもの」ってありましたよね。
リー・レミックとブロンソンの中年同士のスパイ・アクション
そしてラスト・シーンは双方とも両国家当局を出し抜いてのロマンスの逃避行。敵同士の男女スパイの恋愛ゲームなんかは007の影響でしょうかね?いずれにしても、面白いものは面白かったです。
では、また。
オカピー
2007年02月06日 02:56
トムさん、こんばんは。
私は大学生でした。もう東京で一人で貧乏学生をやっていました。
東京を選んだ最大の理由が名画座があること。その名画座も今残っているらしいのは早稲田松竹くらい。それも2,3年前の情報なので今は分りません。

仰るように田舎はロードショーでも二本立てですから、本命ではないおまけのほうが面白いということもありましたね。当時はパンフレットも買いました。150円から200円くらい。いや、懐かしいですね。

30年弱ぶりですが、抜群に面白かったです。残念なのは映像の褪色。NHKのBSハイビジョンでやってくれる映画は殆ど発色が抜群で新品同様ですが、これは駄目でした。

この記事へのトラックバック