映画評「LIMIT OF LOVE 海猿」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・羽住英一郎
ネタバレあり

元来は国分太一が主演したTVドラマだった(佐藤秀峰のコミックが原作)がメンバーを代えて映画化したのが大ヒット、その勢いでTVシリーズにもなったが、これは映画版の続編。

海上保安官の伊藤英明が恋人・加藤あいとの結婚に二の足を踏む。という10分程続くプロローグの後いよいよ本番。

600名の乗客と150台の車を積んだ大型フェリーが座礁し、人員の救助の為に保安官たちが動員される。伊藤がかすり傷を負った妊娠五ヶ月の大塚寧々に伴なって船内を移動中に、勝手なことばかりほざいている中年男・吹越満と遭遇、もめている間にフェリーが傾いて上階は火災、下は浸水、遂に行く場所を失う。
 もう一人の保安官・佐藤隆太を加えた4人は本部と連絡を取りながら出口を探るが、連絡の途切れたのを遭難と思い込んだ本部は二次災害を防ぐ為に他の保安官を退去させてしまう。

実に大甘で虫歯が出来そうだった第一作に対して、今回は序盤のまだるっこさを別にすると「幾らか良いぞよ」という印象が暫く続く。ただ、「タイタニック」宜しくロマンスとパニックものを両立させようと欲をかいたのが災いの元、終盤パニックものとしては完全に失速してしまう。
 具体的に言えば、一刻を争っている時に海上保安官がプロポーズなどしている場合ではないのである。二人の一般人が傍らにいる以上職務放棄に近いのではないか。イライラして完全に興醒める。つまり、ロマンスの為にパニック映画としての役目を放棄したのも同然なり。
 外部との連絡についてもご都合主義的で疑問が残り、前作で甘いと言いたくなった所以がここでも続く。しかし、ロマンスとしての感触はまあまあなので【虻蜂取らず】という程ではない。

甘い映画 だけに採点も 甘くなり

この記事へのコメント

ぶーすか
2007年04月25日 06:50
「一刻を争っている時に海上保安官がプロポーズなどしている場合ではない」このコメント、同感です(爆笑)!恋する二人に死でも二人を引裂けないとでも思い込んでいるようで、緊張感がゼロになってしまいました。こんな作品が出てくると、最低評価をした「タイタニック」も、かなりまともな作品だったのだ…と再評価したくなりました。
オカピー
2007年04月25日 17:55
ぶーすかさん、こんばんは。

そうでしょ、そうでしょ。
それまでどんなに緊張感のある場面を積み重ね、主人公に責任感を感じさせる台詞を吐かせても、あの場面で全てパー。あれがね、単独で行動しているのなら、解らないことはないですけどね。
「タイタニック」は実際かなりまともですよ(笑)。小手先で話を作っていない。

この記事へのトラックバック

  • 『LIMIT OF LOVE  海猿』

    Excerpt: ※結末に触れる部分もあります。ご覧になってから読まれることをおススメします。 「いやいや、日本の映画もハリウッド的になってきたね」 ----えっ、そんなにスゴいスペクタクルなの? 「いやいや、それ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2007-04-24 15:39
  • LIMIT OF LOVE 海猿

    Excerpt: 「下川さん!あのフェリーはジーダスにやられて座礁したんですよ。早くガメラを呼びましょう!」 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-04-24 17:48
  • 伊藤英明「海猿 ウミザル」「LIMIT OF LOVE 海猿」

    Excerpt: ●海猿 ウミザル ★★ 【地上波】監督は羽住英一郎。出演は伊藤英明、加藤あい、海東健、香里奈、伊藤淳史、國村隼、藤竜也。フジテレビ系列でドラマにもなった人気作品。海上版「愛と青春の旅たち」という感じ。.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-04-25 06:46
  • LIMIT OF LOVE 海猿

    Excerpt: 先週「海猿~ウミザル」を見たので、その続きだろうなーと思って、こちらも見てみました。前回の作品では、潜水士の訓練生だった仙崎大輔(伊藤英明)が、一応一人前の潜水士になってます。この間の話は、どうやらド.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2007-05-26 14:33