映画評「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・馬場康夫
ネタバレあり

邦画の時間SFの最高峰は過去を変えないように学生たちが東奔西走して大いに笑わせてくれた「サマータイムマシン・ブルース」で、タイム・パラドックスを見事に回避した傑作だったが、あの作品に比べるといかにも時間の扱いが雑で不満が多い。

バブル絶頂期の1990年に施行された妙な政策のおかげで2007年の日本経済は混乱を極めていた、という800兆円に近い負債を抱える我が国の現状を踏まえた想定で始まり、財務省の官僚・阿部寛は、その政策を撤回させるべく先に派遣した元同級生で日立の設計者・薬師丸ひろ子が90年の世界から帰ってこないので、彼女の娘・広末涼子にその行方を探らせるべくタイムマシンに乗せる。

タイムマシンがひろ子ちゃん(笑)が偶然発明してしまったドラム式洗濯機というのが人を食っているが、時間設定はどうするのか説明はございません。

17年前の世界に着いた彼女が携帯を使えないなど様々なカルチャーショックを受ける場面が延々と続くのを見ると、どうも作者たちの狙いはこの時代を再現することだったらしく、時間SFとしての面白さを期待していた僕は誠にがっかりした。
 ディスコ風俗、ボディコンに太い眉といったファッション面、金をばらまく学生たち等々、「花田少年史」の過去再現に比べて考証的に正確なのは結構だが、カルチャーギャップは少々なら可笑しくても長く描けば趣味の悪いネタに変質するので、テーマにされるのは困るのだ。

17年前の阿部氏は大蔵省の将来有望の官僚だが、プレイボーイの為に行く先々で女性陣からピンタの連発。しかし涼子ちゃんの父親だと判明してからは娘を守り、私欲の為に政策を推進する悪徳官僚・伊武雅刀に抹殺されようとしていた母を救おうと陰謀の現場へ乗り込む。
 ここで「ジェームズ・ボンドのテーマ」のパロディみたいなBGMや「なめたらいかんぜよ」といった台詞で楽屋落ち的に楽しめるが、パロディは知らない人には面白くも何ともないという点を一応考慮しておきます。

結末は推して知るべしだが、時間の管理については前述したように出鱈目なので一々指摘する気も起らない。社会派なんて仰る人もいらっしゃるものの、おためごかしの域を出ず、ホイチョイプロダクションズ若しくは馬場康夫の作品としては「私をスキーに連れてって」や「彼女が水着にきがえたら」より感覚が落ちている。

安部氏の代りに阿部氏が総理大臣だったらという皮肉ですかね。次の総理大臣が康夫つながりの福田氏というのも面白い。

この記事へのコメント

2008年01月16日 09:49
オカピー様
コメントありがとうございました。TBは届いてないようですが、今年もよろしく御願いします。
いつもながら、するどい切れ口で感心します。「安部氏と阿部氏・・・」気付かなかったです。
オカピー
2008年01月16日 23:19
maimaiさん、こんばんは。

>TB
やっぱり駄目でしたか。何と言ってもLivedoorとは相性が悪くてですね。先方から戴けると入るブログが多いので、再度試してみましたが、今度はどうだったかな。

>するどい切れ口
パターンがあるだけなんですけどね。^^;
蟷螂の斧
2023年08月23日 05:57
おはようございます。公開から5年ぐらい過ぎてからこの作品を見ました。1990年に戻ると言う設定。バブル時代を懐かしく思い出しながら見ました。作品の中で流れる名曲「君の瞳に恋してる」(ボーイズ・タウン・ギャング版)も凄く良かったです。
しかし、この作品は東日本大震災が起きる4年前。まさかあんな大災害が起こるなんて当時のスタッフは思いもよらなかったでしょうね・・・。

>やはり鈴木清順のようなタイプはカラーでないとつまらない。

逆に黒澤明作品は白黒の方がいいですね。
オカピー
2023年08月23日 18:30
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>1990年に戻ると言う設定。バブル時代を懐かしく思い出しながら見ました。

時代考証はかなり正確でした。僅か17年でも時代の変化は大きいですから、これがダメだと価値が半減しますね。

>逆に黒澤明作品は白黒の方がいいですね。

そう思います。
蟷螂の斧
2023年08月23日 18:31
レスありがとうございます
蟷螂の斧
2023年08月23日 18:37
田舎者の僕はこの作品のラストのオチが全くわかりませんでした。レインボーブリッジが三本。
その後、妻子を車に乗せて東京見物をした時にその意味がようやくわかりました。

>これがダメだと価値が半減しますね。

やはり監督次第です。

>パロディは知らない人には面白くも何ともないという点を一応考慮しておきます。

それは当たっています。楽屋落ちと似たような感じです。

>安部氏の代りに阿部氏が総理大臣だったらという皮肉ですかね。

そして在り来たりの意見で申し訳ございません。大体想像がつくでしょう。去年の7月8日。
やはり時間は戻らないし、予想できない未来はたくさんあります。
オカピー
2023年08月24日 18:25
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>この作品のラストのオチが全くわかりませんでした。レインボーブリッジが三本。

それ自体を憶えていませんが、僕も解らないかな?
当初レインボーブリッジが時代確認の為に出て来たのは解りますが。

>大体想像がつくでしょう。去年の7月8日。

(教会と縁の深かった)祖父の啓蒙が災いしたのかな。そこから歯車が狂ったのかも。
蟷螂の斧
2023年08月26日 19:17
こんばんは。

>(教会と縁の深かった)祖父の啓蒙が災いしたのかな。そこから歯車が狂ったのかも。

なぜか坂本九の歌を思い出しました。
「♪めぐるめぐる めぐる因果は糸車 めぐるめぐる めぐる世の中 めぐり合い」
https://www.youtube.com/watch?v=1XNVetkB0Y8
末代まで祟ると言う言葉も思い出しました。

>福島第一原発の処理水が海洋放出


https://news.yahoo.co.jp/articles/2f68efc910198b8ed789753c8d7ac4fc6f6b8a71
コメントが難しいです・・・。
オカピー
2023年08月26日 21:58
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>末代まで祟ると言う言葉も思い出しました。

岸信介は、アメリカの方向転換(共産主義打倒)により、唯一助かったA級戦犯。神は祖父に与えた命の代りに孫の命を奪ったのか、などと変なことまで考えます。

>福島第一原発の処理水が海洋放出

処理水を流さないとまた別の大問題が起きるので、それは仕方がなく、中国や韓国左派は自分達の国も処理水を流している(それも今回の量より全然多い)のを全く無視しているデタラメぶりなわけですが、原発を積極的に賛成しかねる僕としては、原発があること自体が、このようなマイナスを招くとだけは強く言いたいと思います。
 原発右翼(多分大半は原発関係者)は、原発は100%完璧で、自然再生エネルギーは問題だらけという、一部の事実をテキトーに解釈した牽強付会の理屈を展開していますがね。
蟷螂の斧
2023年08月27日 07:32
おはようございます。

>福島県外でも苦情電話 中国からか

やめて欲しいです。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6473473

>中国や韓国左派は自分達の国も処理水を流している(それも今回の量より全然多い)のを全く無視している

まさにデタラメです。

>自然再生エネルギーは問題だらけ

どんな問題があるのでしょうか?

>神は祖父に与えた命の代りに孫の命を奪ったのか

やはり因果かも知れません。
オカピー
2023年08月27日 14:57
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>>自然再生エネルギーは問題だらけ
>どんな問題があるのでしょうか?

(1)供給が不安定。これは誰もが認める問題。

(2)現在発電コストが一番安いというのは嘘で、発電できない時には火力発電のバックアップが必要(だから安くない)。
これも事実ですが、発電コストに加えるべきコストは、火力発電のバックアップではなく、蓄電を使う際に必要な揚水のコスト。
反面、原発の単価にも、賠償費用や原発所在地に払う費用、廃炉費用などの相当部分が加えられている。しかし、彼らはそれを全く無視しています。これを勘案すると原発が一番高いはず。

(3)使用しなくなったパネルといった部材の廃棄問題。
これも確かにありますが、原発のほうがもっと大きな廃棄問題があるでしょ?

(4)海外資本が絡んでいるので、日本のお金が海外に流れる。
しかし、それを言うなら火力もエネルギー源を多く海外に求めている事実を言わないのは変。
僕などは、経済安保を考えた時、自然再生エネルギーは火力よりベターと思います(というより火を見るより明らかな事実)。

一方で、原発右翼の言う嘘。

原発はミサイルでも破壊できない。
しかし、昨年、関連大臣が「世界のどこにもミサイルを防げる原発はない」と発言したように、日本の政府はそういうコンセンサスを持っていない。

といった具合です。

この記事へのトラックバック

  • 映画 【バブルへGO!! タイムマシンはドラム式】

    Excerpt: 映画館にて「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」 ホイチョイ・プロダクションズ製作のタイムスリップ・コメディ。 2007年、回復していると思われた日本の景気の実態は、深刻な危機に晒されていた。.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-01-15 19:43
  • 『バブルへGO! タイムマシンはドラム式』

    Excerpt: ----これホイチョイ・プロダクションズの映画でしょ? いいところに目をつけたよね。 彼らって、あのバブルの時代を象徴してた気がするもの。 いろんなブームを仕掛けてさ。 「またまたフォーンの年齢が分か.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-01-15 23:21
  • 映画DVD「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」

    Excerpt: 2006年 日本 監督:馬場康夫 主演:阿部寛、広末涼子   ■ストーリー 2007年現在、日本は800兆の借金を抱え財政は逼迫し 日本崩壊寸前という事態になっ.. Weblog: 映画DVDがそこにある。 racked: 2008-01-16 09:43
  • バブルへGO!!

    Excerpt: 誰です?あの頃 「バルブがはじけちゃって」なんて言ってた人。。。 「阿部ちゃんってサイコー!」だわ~♪ 真顔で「洗濯機式のタイムマシ-ンだ。」・・・て、ムフフ♪ 思えばあの頃、ホイチョイとフ.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-01-16 14:50
  • バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(映画館)

    Excerpt: 戦国よりも幕末よりもハイテンションなあの時代へ――― Weblog: ひるめし。 racked: 2008-01-17 12:02
  • ≪バブルへGO!! タイムマシンはドラム式≫(フジTV@2008/01/12@022)

    Excerpt: バブルへGO!! タイムマシンはドラム式   公式HP   詳細@yahoo映画 早くも(?)地上波で放送されてたので初鑑賞 ちなみにこの日に観た映画はコレで7本目 それにしても、.. Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie- racked: 2008-02-19 14:14