映画評「映画は映画だ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年韓国映画 監督チャン・フン
ネタバレあり

キム・ギドクの原案を助監督だったチャン・フンが脚本化し自ら映像化した作品。映画製作等をテーマに虚実を交差させながら展開する作品としてはフェデリコ・フェリーニの「8・1/2」等少なからずあるが、そこに俳優の仮面性を加えたアングルに面白味がある。

画像

本物のヤクザのように暴力的なので共演する男優がいなくなったアクション映画俳優カン・ジファンが、以前高級クラブで知り合った映画俳優を目指した時代もあったという中堅ヤクザ、ソ・ジソプを共演者に選んで新作の撮影を続けるが、ソは映画出演をするうちに人間的な部分が出て仏心を出して殺すべき男を生かした結果今度は自身の生命が脅かされ映画をキャンセルする羽目になる。一命を取り留めた後復帰したソがカンとやり合った本物の殴り合いに“リアルさ”を目指す監督コ・チャンソクは大満足するが、ソは却って本来の道を選んで以前生かした男に向っていく。

画像

ギドクらしい部分とこの新人監督らしい部分とがあるが、ギドクらしさでは、カンが白の衣服を、ソが黒の衣服を着ているという、人物の記号化に現われている。虚実の区分で言えば、白が虚で黒が実である。ソが服役中の会長に面会中にやるのが囲碁で、ここでも彼は黒の石だが、白で囲まれれば徐々に黒の石が少なくなっていくように(オセロであればなお解り易い)、ヤクザもどきの俳優と俳優になりたかったヤクザは演じ合ううちに虚実の境界が曖昧になり表裏一体の関係になって行く。
 それは寧ろ自分自身の発見に繋がって結局俳優は俳優としての実力を磨くことになり、ヤクザは進むべき道がヤクザにあることに気付く、という展開は皮肉で興味深い。

画像

この種の作品からは、観客はその虚実の交差に観客としての視線を加えることで、さらなる面白さを味わえる。その為には映画の中の“現実”が虚構であることを観客に意識させ続けることが重要で、古い作品では上記「8・1/2」、最近の作品では「主人公は僕だった」などが上手い例である。

本作における映画監督がリアルさを言い続けるのはある意味本作の方向性とは逆であるわけで、僕はあるタイプの映画作りへの皮肉も感じたが如何だろうか?

北野武が見たら悔しがるんじゃないの?

この記事へのコメント

2010年08月12日 19:36
こんにちは。
そうですね、北野武もこういう映画好きだろうし、撮りたいでしょうね。
今度の「暴力映画」はまだ見ていないんで、なんともいえませんが。
でもまあ、韓国の役者さんは、根性入ってますね(笑)
オカピー
2010年08月13日 01:09
kimion20002000さん、こんばんは。

そうでしょう!?
北野氏の場合は、暴力映画と内省的な映画を分けてしまっているところがありますが、それを合体させれば正に本作みたいになりますものね。

>根性
日本映画界全体が変な風に“洗練”されてしまった感がありますから、見方によっては非常に味気ない作品や薄っぺらい俳優が多くなりましたね。
シュエット
2010年11月01日 16:07
暑い夏を思い出させますネェ。8月の記事にお邪魔します。本作は世間の評判は良かったようですが、韓国映画のリアルな暴力シーンがあったら嫌だナァと、劇場公開時は些かのトーンダウン状態でスルーした作品で、今夏のWOWOW放映を録画したものの観ずにいた作品。P様の7点評価に削除せずに置いてました。(未見作品はP様評価を結構参考にさせていただいてます<笑>)
公開中の監督2作目の「義兄弟」を観にいくにあたり本作を観ましたので記事アップ。記事の中のフェリーニの言葉にドキリだわ。私は韓国映画のこのパワフルさ、シリアスな作品の中でもどこか人間の滑稽さもまぜこぜにした泥臭いエネルギーを観ていて、フェリーニ作品と通じるなって思うのです。でも振り返ると、かつて日本映画もこんなに元気があった時代があったんですね。韓国映画の芝居がかっているけれどなぜかそれがリアルに思える。
この映画の白と黒がぶつかり合ってグレイの泥沼での格闘シーン。映画は映画だ。たかが映画。されど映画。熱いシーンでした。
オカピー
2010年11月02日 01:01
シュエットさん、こんばんは。

>7点
の価値は十分あったでしょう?
人物の記号化にちょっと気になる部分があって7点に留めましたけど、お笑いが全く入らない韓国映画は珍しくて嬉しくなりましたね。
彼らの行為自体が可笑しく見えるかはまた別問題。

>フェリーニ
僕は主に手法的にそう感じたわけですが、パワフルさ滑稽さという面でもなるほど通ずるものがあるようです。
もっとフェリーニの映画も取り上げたいけれど・・・

>日本映画
やはりTV局絡みの大味な“大作”が日本映画全体にダメにしましたね。
80年代くらいまでの作品には本作やポン・ジュノのようなパワフルな作品もありましたよ。

この記事へのトラックバック

  • 『映画は映画だ』(@「シネマのすき間」)

    Excerpt: -----さあ。お楽しみの火曜日。 カタログハウスの「シネマのすき間」の日。 今日はのお話は、 ここでは初めての韓国映画。 タイトルは『映画は映画だ』。 一見、ふざけたタイトルだけど、 ニャんと、あの.. Weblog: ラムの大通り racked: 2010-08-12 19:26
  • mini review 09398「映画は映画だ」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ヤクザをリアルに演じたいスター俳優と、俳優になりたかったヤクザが出会い、お互いが住む世界に惹(ひ)かれていくアクション・ドラマ。韓国映画界の鬼才監督キム・ギドクが製作を務め、数々のキム・ギドク作品で助.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-08-12 19:35
  • 映画は映画だ/ソ・ジソプ、カン・ジファン

    Excerpt: コレ、すごく観たかった映画で公開されてから日にちはけっこう経ってるんですが、当初上映していた新宿のシネマスクエアとうきゅうとあの界隈がどうも私は苦手で観に行けずでして、そのうちシネマート辺りでかかるか.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-08-12 21:53
  • 映画は映画だ

    Excerpt: 主演はソ・ジソブとカン・ジファンの2人。といっても私には誰なのか全く解らず。そもそも『冬のソナタ』すら観たことがなく、韓流ブームとやらには全然興味なし。ヨンさまやウォン・ビン、チェ・ジウ位は知っていま.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-08-12 22:31
  • 映画は映画だ▽▲キム・キドク原案・製作

    Excerpt: つかの間でもいい。違う人生を生きてみたい。 5月26日、京都シネマにて鑑賞。キム・キドクが原案・製作をしているということもあって、少し気になっていた作品です。韓国トップスターW主演だということです。で.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-08-13 13:01
  • 09-115「映画は映画だ」(韓国)

    Excerpt: 別人になってみたいと思ったことは?  人気俳優のスタは新作のアクション映画でファイトシーンを撮影中、頭に血が上って共演者に大けがを負わせてしまう。そんな短気で傍若無人なスタの振る舞いによって彼の相手役.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-08-15 01:00
  • 『映画は映画だ』

    Excerpt: スタは高慢でプライドが高く演技にリアルさを追求する映画界のトップスター。そしてガンベは、俳優になることの夢を捨てきれない非情なヤクザ。そんなふたりが偶然に出会い映画で共演することになった。 「短い人生.. Weblog: 千の天使がバスケットボールする racked: 2010-08-16 21:29
  • 「映画は映画だ」

    Excerpt: 영화는 영화다 2008年/韓国/113分/PG-12監督・脚本: チャン・フン 製作・原案: キム・ギドク 撮影: キム・ギテ 出演: ソ・ジソプ(ガンペ)/カン・ジファン(スタ)/ホン・ス.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2010-11-01 15:53
  • 白と黒―『映画は映画だ』

    Excerpt:  人気映画俳優スタ(カン・ジファン)は短気で粗暴な性格ゆえ、映画製作現場で 度々揉め事を起こしていた。共演者に重傷を負わせたため、孤立した彼は窮余 の策として、映画俳優志望だったヤクザ、ガンペ..... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-11-15 10:05
  • 『映画は映画だ』みましたぁ!

    Excerpt: 『映画は映画だ』..........2008年作品 영화는 영화다...韓題 Rough Cut...英題 ソジソブ.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2012-12-16 08:10