映画評「今度は愛妻家」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・行定勲
重要なネタバレあり。出来れば未鑑賞の方は採点だけ参考にしてください。それでもどうしてもこの駄文をお読みになりたいという方はどうぞ。

行定勲はメジャーの大作系より「GO」といったインディ系の作品の方が合っている。一見して舞台劇(原作中谷まゆみ)の映画化である本作も、小さな枠の中で登場人物が悪戦苦闘するので現在の映画観ではインディ風ということになろうし、なかなか好調である。

人気カメラマン豊川悦司は沖縄旅行から帰って以来妻・薬師丸ひろ子との仲が険悪になりスランプに陥る。箱根の旅行に行って来るという妻の留守に女優志願のモデル水川あさみとヨロシクやろうとしている直前に妻がひょっこり戻って来たりしてドタバタする。結局面倒臭くなって彼女を助手の濱田岳に押し付けると、そこへ今度は初老のオカマ石橋蓮司が現われ、色々とかき回してくれる。

映画を長く観ている人なら場所が主人公の家にほぼ限られていることから舞台の映画化と解るだろう。敢えて舞台臭を残したと思われるものの、もっと映画的な工夫を感じさせてもらいたい。しかし、この人物の掛け合いと絡み方は舞台劇的とは言え相当面白くニコニコ観ていられる。変に刺激的な映画ばかりの世の中にあって精神衛生的に大いにヨロシイ。

しかるに、序盤少し出て来た沖縄旅行と撮ったばかりの写真を現像する場面のカットバックから映画はがらりと趣を変え、「シックスセンス」ばりの展開となる。家を出て行ったはずの彼女が何度も戻って来たり突然部屋にいたり、散らかっている部屋について文句を言ったり、勘の良い人ならかなり早めに解る仕掛けで、序盤に二人が幽霊の真似をするのも伏線だったとはかなりきついおふざけ。

一言で言えば、「一人でもうやっていけるわね」というひろ子ちゃんの言葉が示すように、生前妻をないがしろにし離婚寸前にまで行きながら結局沖縄で妻を事故で失い大きな喪失感と後悔に苦しむ中年男性が亡妻の面影と格闘しながら何とか再生していく、というお話である。そして、世の夫諸君は普段から妻に愛情を捧げ、後悔のないようにしておきましょう、と身に沁みる教訓まで付き、見事な大団円を迎えるのでござる。

ご指摘の方も多いが、水川あさみ嬢と濱田岳のエピソードが主題に対していかにも長い。アクセントを越えてくどく、それを最小限にして現状131分のところを110分くらいの長さにしてくれたらもっと星を増やせた。因みに、石橋蓮司の正体は結構早めに解りましたぞ。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年09月25日 06:53
おなじ種というかネタを使っても、おもしろい作品になれば、二番煎じも三番煎じもいいですけどね。
北乃きいさんの『ラブファイト』のときもサブストーリーがくどかったですね。
アメリカの作品で主役(俳優としても主役級)だと思っていた人物が最初の20分で死んで消えたときは驚いたことがあります。
そういった事は必要なんではなかろうかと思いますですね。
オカピー
2011年09月25日 11:26
ねこのひげさん、こんにちは。

>おなじ種
勿論そうですね。趣向に多少の変化は欲しいですけどね。

>サブストーリー
狂言回しやアクセントがその役目を超えたり、くどいと、困ります。作劇が比較的やさしそうな群像劇が流行る理由もその辺りにあるのかもしれませんが。

>主役(俳優としても主役級)だと思っていた人物
「サイコ」のジャネット・リーも確か半分行かないうちに消えてしまいましたね。
この作劇手法を“燻製にしん”とヒッチコックは仰っていました。
2011年09月26日 14:20
こんにちは。
この作品は、相方とはいっしょに見たくないなぁと思いました(笑)
いろいろ、僕の方も駄目人間なので、ちょっと主人公の駄目さにわが身を振り返ることしばし、でしたね。
オカピー
2011年09月26日 19:31
kimion20002000さん、こんばんは。

そうですね^^;
しかし、この作品のひろこちゃんは可愛いし、まあ健気ですが、もっと恐ろしい奥さんがこれを観て良い気になったらかないません。

この記事へのトラックバック

  • 今度は愛妻家

    Excerpt: 夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 製作年度 2009年 上映時間 131分 原作 中谷まゆみ 監督 行定勲 出演 豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳/城田優/津.. Weblog: to Heart racked: 2011-09-24 15:38
  • 今度は愛妻家/豊川悦司、薬師丸ひろ子

    Excerpt: 行定勲監督の久しぶりの新作ですね。豊川悦司さん、薬師丸ひろ子さんの主演でダメ夫と献身的な妻の夫婦を描くハートウォーミングなラブストーリーだそうです。子供の頃から薬師丸 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-09-24 18:04
  • 【映画】今度は愛妻家

    Excerpt: <今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとて.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-09-24 18:14
  • 10-25「今度は愛妻家」(日本)

    Excerpt: 探し物は何ですか?  かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2011-09-24 18:17
  • 『今度は愛妻家』

    Excerpt: ----確かこの映画、 観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。 「うん。 白髪の豊川悦司 がカメラを構え、 横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子。 そこにキャッチコピーが 『夫婦には「さ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2011-09-24 19:06
  • 独断的映画感想文:今度は愛妻家

    Excerpt: 日記:2010年9月某日 映画「今度は愛妻家」を見る. 2009年.監督:行定勲. 出演:豊川悦司(北見俊介),薬師丸ひろ子(北見さくら),水川あさみ(吉沢蘭子),濱田岳(古田誠),城田優(西田健人).. Weblog: なんか飲みたい racked: 2011-09-24 21:05
  • 今度は愛妻家

    Excerpt: 脚本家・中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を実写映画化。結婚10年目を迎える夫婦、自堕落な生活を送る元売れっ子カメラマンと、おっとり型の妻を描いたドラマだ。監督は3月に『パレード』の公開も控えている行定勲。.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-09-24 22:36
  • 『今度は愛妻家』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-09-25 09:59
  • 今度は愛妻家

    Excerpt: 夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ~こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だ.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-09-25 12:13
  • mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: 仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2011-09-26 14:16