映画評「パーマネント野ばら」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・吉田大八
ネタバレあり

映画界で大人気の漫画家・西原理恵子(の作品)がまたまた映画化でござる。彼女の作品は映画版でも特徴があって余り作られるのもどうかと思うが、とにかく観る。

高知県の海辺の町、離婚して一人娘(畠山紬)を連れて出戻りした菅野美穂は、旦那・宇崎竜童と別居してパーマ屋を営む母親・夏木マリを手伝いながら日々を過ごしている。子供時代からの友達・小池栄子はスナックを経営するも浮気症の夫の暴力に悩まされ、池脇千鶴もやっと巡り合った夫(山本浩司)がギャンブルに溺れて行方不明、心配と縁が切れない。ヒロインだけが化学教師の江口洋介と幸福な日々を送っているように見えるが、母と娘が不在の時に落ち合った旅館から彼が突然消えてやりきれない孤独を抱える。

母親のパーマ屋を式亭三馬の滑稽本「浮世床」のように扱いながら徹底できていない恨みはあるが、無論かの古典のような世相風刺狙いではないからこれはこれで良い。

このパーマ屋でいつもつるんでいるのは下品な熟年三人組で、ヒロインとその友人二人の将来の図と言えないこともないものの、あそこまで下品になると男としては近寄りたくない。
 などと、どうでも良いようなことを書いたのは、ヒロインを巡る最重要部分が時間を超越したお話として構成されているからである。

彼女と会う江口が時々消える重要な訳がその部分である。彼は彼女の頭の中だけに存在しているのだ。終盤までそれに気付かせずにいながら、しかしきちんと布石を敷いている辺り作り方がなかなか巧妙で、「今度は愛妻家」同様こういう点が、日本がまだまだアジアにおいては映画先進国である所以を感じさせる。惜しいことに韓国映画のように突然突出した作品が出て来ないところに現時点での邦画の弱さがあるだけである。

お話を元に戻すと、本作に登場する三十前後の女性たち三人は男運が悪く、深い孤独に苛まれている。「どんな恋でもないよりマシ」という台詞が心に沁みる。
 三人組の女友達は西原女史の「女の子ものがたり」と共通し、そこから判断して一部自伝的な要素もあるようだ。

♪パンチパーマは わたしを ダメにする~

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年03月31日 05:18
ねこのひげは、「どんな恋でもないよりはまし」とは思わないので、ウンザリしたら、「しないほうがまし」サッサと放り出してしまうほうです。
西原さんは、漫画より本人のほうがおもしろいタイプの漫画家で、男でも、漫画はまるっきり駄目だけど、本人の人柄というか・・・・ダメさ加減で売れている人がいますね。
病んでいるな~と映画を観ても感じますな。
オカピー
2012年03月31日 14:59
ねこのひげさん、こんにちは。

>「どんな恋でもないよりはまし」
碌な男と遭遇しない彼女(小池栄子)の単なる強がりですよ^^
尤も、彼女は放り出せないのですけどね^^;

>西原さん
映画と音楽と普通の読書に追われ、漫画まで回らない僕は、読んだことがないのですが、そんな感じがしますね。

>病んでいるな~
まさしく!
でも、某CMで見る限り、なかなか美人ではないですか^^

この記事へのトラックバック

  • 女たちよ~『パーマネント野ばら』

    Excerpt:  寂れた漁師町で唯一の美容院、「パーマネント野ばら」。母が切り盛りするその 店に、幼い娘を連れて出戻ってきたなおこ(菅野美穂)は、高校教師のカシマ(江 口洋介)と付き合っていた。  男運の悪..... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-03-30 10:46
  • 『パーマネント野ばら』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「パーマネント野ばら」□監督 吉田大八 □脚本 奥寺佐渡子□原作 西原理恵子□キャスト 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠 山 紬■鑑賞日 4.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-03-30 12:00
  • パーマネント野ばら

    Excerpt: 公式サイト。西原理恵子原作、吉田大八監督、菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎流童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬。リアルな映像なのにじわじわとシュールな映像が染み込んでき ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-03-30 12:22
  • パーマネント野ばら

    Excerpt: 『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』の西原理恵子の同名コミックを映画化。ある海辺の寂れた街にある一軒の美容室、そこに集うちょっと変わった女性たちの恋模様をコミカルに描いたドラマだ。主演は8年ぶり.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-03-30 13:02
  • パーマネント野ばら

    Excerpt: 「ずっと好き」はどこにもないから 私は毎日、小さな嘘をつく──。 製作年度 2010年 上映時間 100分 原作 西原理恵子 脚本 奥寺佐渡子 監督 吉田大八 出演 菅野美穂/小池栄子/池脇千鶴.. Weblog: to Heart racked: 2012-03-30 13:03
  • パーマネント野ばら/菅野美穂、小池栄子

    Excerpt: 西原理恵子さんの原作を『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が映画化した作品です。「パーマ」は普通に耳にもしますけど「パーマネント」って久々に聞く単語ですよ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-03-31 10:21
  • パーマネント野ばら(DVD)

    Excerpt: 漫画家・西原理恵子による叙情派作品の最高傑作と評される同名コミックを映画化。美しい自然に囲まれた高知の田舎町を舞台に、大人の女性の恋心を描く。監督は、「腑抜けども、悲 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2012-04-03 10:39