映画評「東ベルリンから来た女」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2012年ドイツ映画 監督クリスティアン・ペツォールト
ネタバレあり

1980年の東ドイツを舞台にした(恋愛)心理映画。

恋人のいる西側に出国しようとしたのを当局から咎められて田舎の病院に飛ばされた女医ニーナ・ホス(原題のバルバラ)は秘密警察から監視され、上司ロナルト・ツェアフェルトにも彼女の言動を報告する義務がある為四面楚歌状態である。病院に矯正所から逃げて来て髄膜炎を発症した少女ヤスナ・フリッツィ・バウアーや自殺未遂をして脳に障害を起した少年を世話するうちに感じのよいツェアフェルトを憎からず思うようになり、デンマーク経由での密出国を持ちかけて来た恋人との間で選択を迫られる。

こう整理すれば単純なお話であるが、彼女の上司への思いは終盤まで露骨には示されず、寧ろ彼の感じの良さから観客が勝手に想像をたくましくする形になっている。
 当方が最後の10分くらいまで医師に好意を覚えているにしても出国を躊躇するほどとは思って観ていなかったように、見る人によって彼女の心情洞察に大分差が出てくるのではないだろうか。この辺りは曖昧であり、もう少しはっきりと躊躇を打ち出したほうが退院して戻された矯正所から再び脱走した少女ヤスナが絡むことで決断する終幕がもっと劇的になったはずである。曖昧であるのが現在的と言えば現在的で、心理映画として狙いに沿っているのであって、僕が解りやすいメロドラマを求め過ぎているのかもしれないが。

allcinema投稿者による「決断の理由が弱い」というコメントについて。
 この“決断”は、一般的な理解から推して、彼女がヤスナを自分の代りに出国させることで否応なく病院に戻る、という恋愛映画的決意を指すと思うが、僕の考えは少し違う。彼女が残る決断をする理由がヤスナを逃がす為であると同時に、医師への思いがあればこそヤスナを逃がす決断ができたとも思える。つまり、決断は同時に二つあり、夫々が決断の理由にもなっていて、どちらが先にあったのかヒロイン本人にすらはっきりしていないのではないか、ということである。そういう意味でなかなか面白い幕切れであった。

ベルリン映画祭で銀熊(監督)賞受賞。

監視する必要のない(全員が利他主義になる)ほど人が成熟しない限り、共産主義は成立しない。つまり、永続する共産主義は永久に成立しない。マルクスやエンゲルスは人間の本質を楽観的に見過ぎていた。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2013年10月14日 18:13
マルクスとエンゲルス・・・・『資本論』・・・大学時代に習いましたが・・・
まあ、二十歳前後のねこのひげでも、これは理想論であるな~と思いましたですよ。
かぶれて学生運動に走る連中の神経も理解できませんでしたな。
人間の欲望には大小があるようですからね。
ささやかでいいと思う人と全部を手に入れないと気が済まない人との差がありますからね。

女性の揺れ動く気持ちというところですかね。
祖国を捨てきれないということもあったでしょうね。
ソビエト映画の『帰郷』でもそうでしたが・・・・サベリーオワも美しかったですが、ロシアの大地も美しかったですね~
オカピー
2013年10月14日 22:13
ねこのひげさん、こんにちは。

>マルクスとエンゲルス
「資本論」は膨大ですし、経済論の部分が難しくて読んでおりません。拡大再生産といった言葉は知っております。
読んだのは短い「共産党宣言」(それもごく最近)だけですが、純粋でした。共産主義が定着すれば、時間がかかっても、経済は伸びていくと信じている。
しかし、人間は欲がある生き物。共産主義は欲を満足させにくいですから、原始社会ではともかく、文明が進めば進むほど成立しにくい。物質社会の権化アメリカが他の先進国以上に共産主義(社会主義と混同していますが)を憎むのもその辺にあるでしょう。
大体、国民を監視しないと崩れてしまうところにこの考え方に無理のあることが如実に示されていますよね。

>『帰郷』
おおっ、ご覧になっていますか。それは凄い。
当地には来ていないと思いますし、この後東京で何年か過ごした時代に、文芸坐辺りにかかったような気がしますが、見られなかったです。
TVにも出ていないんじゃないでしょうか。
羨ましいです。
モカ
2022年08月23日 10:10
なるほど…

私は男性2人の間で揺れる女心というのはあまり感じませんでした。
僻地に飛ばされて来ている訳あり上司の「どこででもどのような患者にも対処する」(大意) という言葉に彼女は「医者としての自分」を再自覚したように思います。

ここ東ドイツではまともに生きていけそうにない少女と、どこにいても目の前の患者を助けるべく働ける自分と、2人のうち1人しか脱出可能でないならそれは自分ではなくあの少女だという決断を下したのは男がどうのこうのではなくて(少しは女としての迷いもあったでしょうが)医者としての使命を果たすべき人間としての選択だったと思います。
他の女優であればもっとメロドラマぽくなったかもしれませんが、ニーナホスのキリッとした肢体や美貌からは女性性超えた人間性の強さを感じました。

最近旧東ドイツが舞台の映画を少し観ましたが良かった〜
「僕らは希望という名の列車に乗った」
「希望の灯り」これは東西併合後の東ドイツが舞台でした。
ご覧になりましたか? うまく探し出せなくてすいません。
オカピー
2022年08月23日 21:48
モカさん、こんにちは。

>私は男性2人の間で揺れる女心というのはあまり感じませんでした。

9年前の鑑賞なのでうろ憶えですが、曖昧さがあり、観る人によってヒロインの心情洞察に差が出るだろうと言っていますね。

>ニーナホスのキリッとした肢体や美貌からは女性性超えた人間性の強さを感じました。

そのほうが正しい、少なくとも素晴らしい理解でしょう^^

>「僕らは希望という名の列車に乗った」

正しくは、「僕たちは」です。
映画評というよりは、人間論に終始した感じ。どうもすみません。

https://okapi.at.webry.info/202008/article_31.html

>「希望の灯り」

タイトルに憶えがあり観たかと思ってImdbに行ったところが投票していないので、未鑑賞ですね。
モカ
2022年08月23日 22:57
「希望の灯り」この邦題はカウリスマキかと思いました。紛らわしいです。

 この映画とは関係ないんですが、さっきニーナシモンのCDの解説を読んでいたら
ジャニスも歌っているビージーズの名曲 To Love Somebody はオーティスレディングの為に作られたと書いてありました。ご存じでした? 私は全然知りませんでしたよ。
でもそう思って聴くとオーティスの歌っている声が聴こえてきそうなほどオーティスっぽい曲だと思いません? 半世紀を経て知った真実 (笑)

キースアーバンのトリビュートライブ?バージョンが素敵です。
未見なら是非youtube でご覧ください。
オカピー
2022年08月24日 18:46
モカさん、こんにちは。

>この邦題はカウリスマキかと思いました。

そうなんですよ。
アキちゃんには、「街のあかり」と「希望のかなた」という邦題の映画があります。
日本人は、一つ流行るとそれをタイトルに使う傾向がありますよね。「あかり」や「希望」もその類。その他、「幸福」とか「僕」やら「君」やら。

>ビージーズの名曲 To Love Somebody はオーティスレディングの為に作られたと書いてありました。ご存じでした?

うんにゃ(笑)
I've Been Loving You Too Long の系列に入ったかもしれませんね。
しかし、飛行機事故。
アメリカさんは飛行機事故で亡くなった音楽関係者が多いです。

>キースアーバンのトリビュートライブ?バージョンが素敵です。

出だしはジェームズ・テイラーみたいですが、次第にロック的になりますね。ギターも上手い!

この記事へのトラックバック

  • 東ベルリンから来た女

    Excerpt: 華氏と摂氏の“温度差” 公式サイト。ドイツ映画。英題:Barbara。クリスティアン・ペツォールト監督、ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト、ライナー・ボック、ヤスナ・フリッツ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-10-14 19:02
  • 『東ベルリンから来た女』

    Excerpt: (原題:Casare deve morire) 「来年のことを言うと鬼がなんとやらだけど、 これは少なくともベスト10には入れたい映画だね」 ----またまた気が早い。 この映画って、 今年2.. Weblog: ラムの大通り racked: 2013-10-14 22:10
  • 『東ベルリンから来た女』

    Excerpt: 「また、明日」 女から、男への別れの挨拶だった。それは、上司でもある男の親切な忠告を拒絶し、やがて自分に好意を寄せているらしい男の誘いを断るための挨拶でもあった。 「さようなら」 明日、シュタージ.. Weblog: 千の天使がバスケットボールする racked: 2013-10-16 21:18
  • 「東ベルリンから来た女」

    Excerpt: 彼女がどんな選択をするのか。 いい映画だと思う。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2014-03-05 23:53