映画評「扉の陰の秘密」

☆☆★(5点/10点満点中)
1947年アメリカ映画 監督フリッツ・ラング
ネタバレあり

1940年代人気を博したニューロティック・スリラーである。それもフリッツ・ラングの監督作品と聞けば期待が高まるが、案に反して、余り芳しくない。

ニューヨークの資産家令嬢ジョーン・ベネットがメキシコで喧嘩を見た時に印象を受けたアメリカの建築家マイケル・レッドグレーヴととんとん拍子に結婚の運びとなる。NYへ行く夫と別行動を取り夫の家に向った彼女は、彼に死んだ先妻との間に12歳くらいの子供がいるのに驚く。家には姉のアン・リヴィアと秘書バーバラ・オニールがいて、首にスカーフを巻いている秘書は謎めいた印象を与える。
 しかも、彼の家には過去の歴史的殺人事件を再現する六つもの部屋があり、鍵がかかって入ることができないもう一つの部屋に合鍵を作った彼女が入ってみると、現在自分が過ごしている寝室と同じ様子なので、夫が自分を殺そうとしているのではないかと疑心暗鬼になる。

つまり蝋人形館恐怖劇にヒッチコックの「断崖」(1941年)のアイデアを足して割ったようなお話で、それは大いに結構。しかし、シーンが上手く繋がっていず何を狙っているのかよく解らずじりじりするうちに、最終盤になってやっと新妻が「断崖」のような心境になるというのでは、楽しめる作品になっていると言い難い。

余りネタバレするのもどうかと思うので控えておくが、実は作者の眼目はヒロインではなく夫の方にある。その意味では「断崖」と違ってヒロインの夫に対する恐怖(不安はメキシコでのシーンにもある)が最終盤になってやっと出て来る構成自体は間違っていないと思うものの、もう少し上手くお話を繋げてくれないとラング作品と言えども「つまらん」と言わざるを得ない。

基本的には脚本がかなり弱体、ラングの映像センスで何とか格好になったといったところ。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年04月27日 12:24
脚本の書き換えをするべきだったでしょうな~
オカピー
2014年04月27日 16:24
ねこのひげさん、こんにちは。

「ラングだから」と言うべきか、「ラングなのに」と言うべきか、悩まされる弱い脚本でしたねえ^^;

この記事へのトラックバック