映画評「ハワイ・マレー沖海戦」

☆☆★(5点/10点満点中)
1942年日本映画 監督・山本嘉次郎
ネタバレあり

「永遠の0」の放映に関連してWOWOWが放映した戦争映画である。戦後のそれとは違って戦時中に作られた戦意高揚の為の国策映画であるが、多くの方が仰るようプロパガンダ色は案外薄い。
 ただ、予科練に志願する一応主人公とされる少年(伊藤薫)らに対する上官たち(藤田進ら)の親しみやすさは、戦争を経験した当事者により戦後書かれた小説や作られた映画で描かれたものとは全然違う。これは今自衛隊が募集の為に取っているソフトなアプローチと似たようなものであろう。

銃後の人々特に母親(英百合子)の「子は国に捧げたもの」という達観は木下恵介監督の「陸軍」(1944年)の母親(田中絹代)とは大分差がある。勿論本音でそんな達観の境地に至った母親は殆どいなかったと思う。だから、国策映画なのにあの幕切れを撮った木下恵介の反骨精神は実に見上げたものであったと思う。

翻って、30年くらい前に観た時に注目したのは専ら円谷英二が担当した後半の戦闘部分の特撮である。これは碌にお金もなかったであろう戦中に作られたことを考えると相当上出来。飛行機がハワイの崖を巡っている部分は飛行機ではなく、崖の方を回したと聞いたような気もするが、どちらにしてもかなりリアルだ。建物や軍艦はミニチュアではやはり不自然に感じる部分があるものの、これとてSFXという条件下では現在のものと大差がない。大したものである。

内容に関わらず国策映画には批判的にならざるを得ないし、実際ドラマとして描写のバランスが甚だ悪くて弱体であるが、SFXの出来に免じてこれくらいの☆は進呈しておきたい。

十年もすると日本でも徴兵制が始まるかもね。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年10月14日 17:32
空母や戦艦は実物大模型とミニチュア模型を作ったそうで、後にこれを観たGHQが実写と勘違いして、フイルムの提出を強要したそうです。
プールに寒天で作った海面を作り、ミニチュアの艦船を浮かべ、その後ろに航跡を描いたり、精密な真珠湾模型を作ったりし、実物大模型の飛行甲板の上を実物の飛行機を走らせて撮影したりしたそうです。
ハリウッド映画『トラ・トラ・トラ』『パールハーバー』に多大なる影響を与えたそうです。
オカピー
2014年10月14日 19:40
ねこのひげさん、こんにちは。

ミニチュア模型のところでは波の大きさが不自然になってしまうので、今の観客にはばれてしまいますが、当時の人なら本物と思うかもですね。
地上の模様は、日本人らしく、実に精密に作っていて感心しました。

>『トラ・トラ・トラ』『パールハーバー』
VFXのない時代の前者の迫力は凄かったですねえ。勿論本物も交じっているわけですが、人物が飛行機に轢かれそうになる場面のスタントには驚きました。あれっ、本物ですよね。
『パールハーバー』は内容的に日本では評判が悪かったものの、戦闘アクションは相当優秀でした。
蟷螂の斧
2022年11月06日 19:57
こんばんは。8月に録画したものを先ほど見終えました。この作品で主役の少年友田義一を演じた伊東薫。この映画が公開された昭和17年12月に兵役招集されて1ヶ月後に中国で戦死しているんですね。享年20歳。痛々しいです。彼は日本を救う為に一生懸命戦ったのでしょうか?中国ならば陸軍ですよね。

>自民党には親中派が結構多いのですよ。

そうなんですか?そして共産党の方が中国寄りだと思っていました。

>アメリカは純軍事的に出る幕はなくなるわけで、戦闘なるものは発生しない。

戦争が起きない方が無難です。

>絵の効果もあってか、一日で30万、三日で87万のアクセス。

大儲けでしょう。
オカピー
2022年11月06日 20:43
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>伊東薫。この映画が公開された昭和17年12月に兵役招集されて1ヶ月後に中国で戦死しているんですね。享年20歳。

その事実は知りませんでした。
主演もする映画俳優にも亡くなった方がいましたか!

>そうなんですか?そして共産党の方が中国寄りだと思っていました。

中国共産党とは当然親しく交流してきましたが、どちらの共産党も純然たる共産主義とはかけ離れてきました。
 右派は、親中派の自民党議員を批判しますが、政権の近くにそういう人がいないと、回避できる問題もできないわけで、いて良いわけです。

独裁政権も全てが悪いわけではないですけれど、利己的になってはいけない。その最悪のパターンが北朝鮮ですが。
蟷螂の斧
2022年11月11日 19:41
こんばんは。

>主演もする映画俳優にも亡くなった方がいましたか!

彼はその後の学徒出陣、特攻隊、敗戦を知らずに亡くなりました。

>どちらの共産党も純然たる共産主義とはかけ離れてきました。

上層部だけが得をする点ですか?

>政権の近くにそういう人がいないと、回避できる問題もできないわけで

政治における必要悪を引き受ける人ですか?

>その最悪のパターンが北朝鮮ですが。

国民が可哀想です。

>マサカリ投法

空港での事件に加えて火事で死去。数々の栄光を得た人の晩年の生き方も難しいのでしょう。低賃金・教養無し・凡人の僕にはわかりません。
オカピー
2022年11月12日 18:01
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>彼はその後の学徒出陣、特攻隊、敗戦を知らずに亡くなりました。

そういうことになりますねえ。

>上層部だけが得をする点ですか?

中国共産党に関してはそうですね。
 毛沢東時代に個人崇拝が頂点に達し、彼の死後、鄧小平の時代辺りでそれはいかんという方向を打ち出しましたが、習近平になってまた復活しました。

日本の共産党は、天皇制については否定的であっても(昔のような完全な否定ではない)、他国の共産党同様、コスモポリタニズムにはもう関心がないでしょうね。

>政治における必要悪を引き受ける人ですか?

右派は気に入らないにしても、思想的に左右に偏っていない一般の国民は親中派の人々が大きな衝突を避ける緩衝材になっていると理解していれば良いでしょう。
 中国を国際水準にしようという観点では必要悪の存在でしょうかね。
 しかし、中国にしてみれば国際水準なるものは大きなお世話ということになるでしょう^^;

>空港での事件に加えて火事で死去。

ちょっとビックリ。
空港での事件が引き金になっているのであれば、さらに悲劇ですね。
恐らくご本人の仰る通り、肩に手を触れた程度なのでしょうが、今ではそれが暴力と言われる(学校での教師もたまにそういう扱いを受けることあり)時代。もう少し他人に優しくなってほしい。

パ・リーグに属した彼の投球はたまに見ましたが、速かったなあ。

この記事へのトラックバック