映画評「二流小説家 シリアリスト」

☆☆★(5点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・猪崎宣昭
ネタバレあり

デーヴィッド・ゴードンの推理小説「二流小説家」を、TVのミステリーものをよく手掛けているのでその実績を買われたらしい猪崎宣昭が映画化したミステリー。

売れない作家・上川隆也が、12年前の首なし連続殺人を犯した容疑で死刑の判決を受けている写真家・武田真治から、告白本の執筆依頼を受ける。条件があって、自分の狂信的ファンの女性を取材して彼を主人公にした官能小説を書くごとに情報を小出しに教えるとの由。才能も度胸も大した欲もない彼は躊躇するが、写真家の弁護士・高橋惠子の妙に挑発的な態度に却って書く気が起こる。
 ところが、彼が取材に訪れた三番目の女性が首なし死体で発見されたのを手始めに前の二人も同様の憂き目に遭っていて正に12年前の事件が再現されていることが判明、作家は刑事・伊武雅刀から疑われたり、何者かに襲われたりするうちに真相に近づいていく。

奇しくも、昨日読んだ坂口安吾の推理小説「不連続殺人事件」に名探偵が二流作家にしかなれない理由が述べられていた。名探偵は人間観察が犯罪心理どまりで人間探究の迷路に入り込まないから名探偵にはなれても一流文士になれないとの分析。正にそれを地で行く主人公で、終盤に探偵的な活動が要求されるや鮮やかな推理を働かせ、刑事に解けない真相を究明してしまう。

この作品の一番面白く感じられる部分は、猟奇殺人の真相でも、写真家とその母親の訳ありな関係でもなく、写真家が何故主人公を執筆者に選んだかということ、そこには坂口安吾の名探偵=二流文士論に近い理由、即ち、結末を伏せる為書きにくいが、狂気を持つ写真家にとって目的を達成する為に誘導しやすい人物であったということである。

写真家を演じた武田真治は熱演だが、些かオーヴァーアクトであろう。

TVでミステリーが大量に作られているせいか、ミステリー映画は少ない。もっと作って欲しいね。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年12月14日 10:09
何をもって二流というのかよくわからんところでありますがね。
芥川賞や直木賞を取ったからと言って一流とはいいがたい作家はたくさんおりますがね。
小説ではミステリーは多いので作って欲しいですね。
オカピー
2014年12月14日 18:23
ねこのひげさん、こんにちは。

>二流
本作での扱いは、売れない作家を指しているようです。
「不連続殺人事件」は少し違ったかな。
昔はそうでもなかったかもしれませんが、最近は芥川賞を取ると売れますよね。良い時代になりました。

>ミステリー
70年代後半から80年代前半は、クリスティーと横溝正史のブームで本格ミステリーが映画でも賑わいましたが、近年は寂しいです。

この記事へのトラックバック

  • 二流小説家 シリアリスト

    Excerpt: ネタバレの彼方の別次元ネタバレ 公式サイト。デイヴィッド・ゴードン原作、猪崎宣昭監督、上川隆也、武田真治、伊武雅刀、高橋惠子、片瀬那奈、平山あや、小池里奈、黒谷友香、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-12-11 10:41
  • 『二流小説家 シリアリスト』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「二流小説家 シリアリスト」 □監督 猪崎宣昭□脚本 尾西兼一、伊藤洋子、三島有紀子、猪崎宣昭□原作 デビッド・ゴードン□キャスト 上川隆也、武田真治、片瀬那奈、伊武雅刀.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-12-11 12:26
  • 二流小説家 シリアリスト ★★★

    Excerpt: 俳優の上川隆也が映画初主演を果たし、デイヴィッド・ゴードン原作の小説「二流小説家」を映画化したミステリー。不遇の小説家が収監中の殺人犯と出会うことにより、再び悪夢のような殺人事件が繰り返される戦慄(せ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-12-11 18:53
  • 『殺人の告白』『二流小説家 シリアリスト』

    Excerpt: ----あれれ、『殺人の告白』始まっちゃったよ。 これ、けっこう気に入っていたんじゃなかったっけ? 「うん。 あの映画は見どころがいっぱいありすぎて、、 逆に喋りにくかったんだ。 物語としてはこう.. Weblog: ラムの大通り racked: 2014-12-11 22:13