映画評「LIFE!」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年アメリカ映画 監督ベン・スティラー
ネタバレあり

前日(記事UPは同日)再鑑賞した「虹を掴む男」(1947年)のリメイク。主演のベン・スティラーが監督まで担当しているが、オリジナルのような純コメディーを期待すると当てが外れる。

オリジナルと名前も同じウォルター・ミティ(スティラー)は同じく雑誌社に勤める小心者で、同じ社の別部署に入ってきた美人シェリル(クリスティン・ウィグ)が気になっているのに告白できず、交際サイトで思いの丈を伝えようとする程。夢見がちで何かと幻の世界に入っていき、これにまつわる失敗も数え切れない。
 という設定であるはずなのだが、このリメイクでは失敗らしい失敗がない。コメディーとして一番肝心な設定を生かし切れていないのは少々勿体ない。笑えるとしたら想像部分の大袈裟すぎる大騒ぎに対してである。ここがVFX時代の技術を生かした大アクションになっているのは良いだろう。

大いに違ってくるのはここから。宝石に関わる犯罪に巻き込まれるミステリー仕立てであったオリジナルと違い、こちらでは【LIFE】誌写真管理部に勤めるウォルターが写真家(ショーン・ペン)の送って来たネガに最終号に使うべきコマが見当たらない為に必死に探す羽目になり、内向きな性格を突き破って写真家の居ると思われるグリーンランドからアイスランド、果てはアフガニスタンまでそれまでの彼には考えられない冒険を繰り広げることになる。
 つまり、このリメイクはオリジナルの巻き込まれ型によるお笑いを捨てて、自ら冒険に乗り出すヒューマンな、ほぼシリアスと言って良い内容に変えている。アメリカ喜劇に品のないお笑いしかない時代だけに、上品だがシチュエーションの面白さでゲラゲラ笑える作品を期待していたので、些かガッカリさせられた。

オリジナル鑑賞の段階では、ベン・スティラーはダニー・ケイのインテリ性の垣間見えるおバカぶりを現代に蘇らせるには十年前幻となった企画でキャスティングされていたジム・キャリーよりふさわしいと思ったが、理に落ちすぎているのである。また、実在するLIFE誌の名前を出すといった具合に、現実的に改変しすぎているのも夢がない。

但し、ヒューマン・ドラマとしては相当しっかりしていて、僕のように純コメディーとして観始めて軌道修正できないまま観終えない限りは佳作として印象付けられるだろう。最終印象は21世紀版フランク・キャプラ映画、主人公はダニー・ケイならで21世紀版ジェームズ・スチュワートと言うべし。

今日の東京新聞のコラムは、本作で一番印象的な「トム少佐」(in "Space Oddity" by David Bowie)について触れていました。タイミングから判断して担当者はWOWOW でご覧になったのではないかな?

この記事へのコメント

ねこのひげ
2015年01月22日 00:45
『虹を掴む男』のリメイクとは知らずに観たので、観だして驚きました。
いまの人はリメイクと気づかずに観ている人が多いでしょうけどね。
オカピー
2015年01月22日 20:59
ねこのひげさん、こんにちは。

僕の経験では、この作品は知らないで観るほうが、正解です。
尤も、仰る通り若い人は「虹を掴む男」を知らないから、そんな心配をするには及ばないでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • LIFE!/ベン・スティラー

    Excerpt: 平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-01-18 11:36
  • LIFE!~ひとりインセプション 5の3乗

    Excerpt: デジタル化と夢想する時間の問題 公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペ.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-01-18 20:24
  • 『LIFE!』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-01-19 08:45
  • LIFE!   ★★★★

    Excerpt: 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨー.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-01-19 18:37
  • 「LIFE !」

    Excerpt: これは、すんばらしかったですね! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2015-01-31 09:38