画像問題:Who is she/he? No. 25

rw03.jpg

本年の第一弾は、この男優。

映画にも多数出ていますが、映画の場合はどちらかと言うと脇役が多く、個人的に印象深いのは50年余り前に観たTVシリーズの彼ですかね。ここの常連さんもそういう方が多いのではないでしょうか?

同じ女優を二度結婚しました。同じ頃リチャード・バートンとエリザベス・テイラーが同じ事をやっていて、英米の結婚観は日本と違うなあと思ったことがあります。50年前の日本はまだ離婚しづらい封建的なムードが強かった時代で、当時クラスの半分近い子供が離婚家庭経験者というアメリカとは全然違っていた頃ですからね。
 その奥方は、映画では彼よりあるいは大物だったかもしれないですが、奇妙な亡くなり方をしました。これは今でもアメリカでくすぶっている事件のようですよ。

僕らの世代ではイージーな問題と思います。

この記事へのコメント

miage
2024年01月05日 08:56
こんにちは、オカピーさん。

この画像の俳優ロバート・ワグナーは、1950年に「地獄の戦場」で本格的に映画デビュー。
「ならず者部隊」や「追撃機」などで、典型的なアメリカンボーイの兵士を好演しましたね。

だが、あまりにもハンサムすぎて、役に恵まれなかった彼が、人気を取り戻したのが、テレビシリーズの「スパイのライセンス」でしたね。

その後、40代になってからは、渋みが加わり、テレビの「探偵ハート&ハート」で都会的なナイスミドルに見事に脱皮を果たしましたね。

映画では「山」「動く標的」「タワーリング・インフェルノ」でわずかに印象が残るくらいで、映画俳優としては、ほとんど魅力を感じませんでしたね。

私生活では、1962年に離婚した、当時の人気女優のナタリー・ウッドと1971年に再婚し、幸せの絶頂にいたワグナーを思わぬ悲劇が襲いましたね。
1981年11月、ナタリーは映画のロケ中に、ヨットから落ちて溺死しましたね。
オカピー
2024年01月05日 18:03
mirageさん、こんにちは。

マストではないですが、後から訪れる人のお楽しみの為に、役者名はぼかしていただけると助かります。例えば、○バー○・○グ○ーといった具合に。

>テレビシリーズの「スパイのライセンス」

これですよ。
僕はこのイメージが強く、仰る通り、映画では今一つパッとしない感じがします。

>ナタリーは映画のロケ中に、ヨットから落ちて溺死しましたね。

アメリカでは未解決事件という扱いのようです。
2024年01月06日 09:09
映画よりテレビドラマシリーズが記憶に残っていますね。
映画だと、「タワーリング・インフェルノ」に出てたのかな?
奥様がナタリー・ウッドで、ナタリー・ウッドは変死しましたよね、たしか。

ロ〇ート・ワ〇ナー
十瑠
2024年01月06日 14:19
お顔を見ればすぐに名前も出てきますが、出演作は「タワ・イン」しか出てこなくなっちまいましたな。
あっ、ポールさんご夫妻と共演した「レーサー」っちゅうのもありました。

「プロ・スパイ」もアステアと共演していたことくらいしか覚えてません。あんなに毎週のように観てたのに。

ロバ〇ト・〇グ〇ー
オカピー
2024年01月06日 18:01
nesskoさん、こちらにもようこそ。

>映画よりテレビドラマシリーズが記憶に残っていますね。

やはり、皆さん、僕と同じ感想をお持ちのようです。
最初は「プロ・スパイ」やがて「スパイのライセンス」となった人気シリーズですね。
僕は「プロ・スパイ」時代は見ていないかもしれません。

>「タワーリング・インフェルノ」

確かに出ていますよ。
しかも「スパイのライセンス」で父親役だったフレッド・アステアと共演している!

>奥様がナタリー・ウッドで、ナタリー・ウッドは変死しましたよね、たしか。

そう。
しかも完全に解決したわけではなく、元夫のこのRWは当局による任意の事情聴取要請に応じていないようです(Wiki情報)。
オカピー
2024年01月06日 18:06
十瑠さん、こんにちは。

>ポールさんご夫妻と共演した「レーサー」っちゅうのもありました。

出ていましたっけ!
僕が思い出すのはぐっと若い頃スペンサー・トレイシーと共演した「山」。良い映画になりそうだったのにならなかった作品という感じ。

>「プロ・スパイ」もアステアと共演していたことくらいしか覚えてません。

「スパイのライセンス」時代は見ていましたが、この時代は見ていたかどうか。
当時はフレッド・アステアも知らない小学生から中学生でした。
後に「タワーリング・インフェルノ」で“共演”するのは面白いですね。