画像問題:Who is she/he? No. 29

gh02.jpeg

今月は、一度見れば忘れないであろうマスクのこの大スター。ヒント不要ですね。

1960年代から脇役で良い味を出していましたが、70年代に入って決定的な名作2本に主演して、昔風に言うとドル箱スターになりましたね。1990年代に入ってからは、3,4番目の重要な役を担う、どちらかと言えば悪役的な位置での登場が多いでしょうか。ずっと現役というイメージがありましたが、20年近く前に実質的に引退したようです。

この画像は、70年代に彼をトップ・スターにした、かの映画から。

この記事へのコメント

2024年05月05日 09:52
ポパイ刑事ですね!
「ポセイドン・アドベンチャー」「スケアクロウ」「フレンチコネクション」
これで大スター、名優、しっかり脳に刻印されました。舞台でも活躍している方ですよね。
イーストウッド監督「許させざる者」は、作品自体が西部劇を裏側から描くみたいなかんじがあって、でも西部劇ちゃんとやっててイーストウッドさすが! になりましたが、劇中で、アカデミー賞から疎外され続けるダーティーハリーがオスカーウィナーのポパイ刑事をやっつける、という趣向も感じられて、当時、洋画ファンには受けてました。
しかし、「許させざる者」を見ると、役者としてはこの方の方がイーストウッドよりは格上、上等、やっぱりうまいなあ、というのがあって、淀川長治先生もそうおっしゃられていたのを記憶しています。この映画での役がうますぎたせいか、しばらくいろんな映画で似たような役をやってたような。

ジー〇・ハック〇ン
vivajiji
2024年05月05日 14:46
出番は少なかったけれど「俺たちに明日はない」での彼が
なぜか気になり、その後、刑事ものの傑作や、転覆パニック大作等、
メキメキ頭角を現しましたね。
異色な出演作として「バードケージ」「ザ・ロイヤル・
テネンバウム」ありましたがやはり捻くれた悪漢役が
光りますね。
個人的には
「スケアクロウ」
「カンバケーションー盗聴ー」
「ミシシッピーバーニング」
「追いつめられて」
「許されざる者」
「クリムゾンタイド」など印象に残ります。
オカピー
2024年05月05日 20:34
nesskoさん、こんにちは。

>「ポセイドン・アドベンチャー」「スケアクロウ」「フレンチコネクション」

やはりこの三作ですね。72年から73年にかけての傑作群。
それに続いて「カンバセーション 盗聴」があり、これも注目すべき作品でしたねえ。

>イーストウッド監督「許させざる者」

「許されざる者」ですね^^
これがベテランになってからのダントツの代表作。
仰るように、結果的にこの後「クイック&デッド」など似た性格の役に当てられるようになった気がします。

>アカデミー賞から疎外され続けるダーティーハリーがオスカーウィナーのポパイ刑事をやっつける、という趣向も感じられて

そういう見方は実に面白いですね。
僕はそこまで考えなかったような気がするなあ。したかな?
オカピー
2024年05月05日 20:44
vivajijiさん、こんにちは。

>「俺たちに明日はない」での彼がなぜか気になり

あいにく僕はリアル・タイムではなく、「フレンチ・コネクション」が話題になった後1973年にリバイバルで観たので、ちょっと変な感じがしましたが、本当に出番以上に強い印象を残しましたね。

>「ザ・ロイヤル・テネンバウム」

ウェス・アンダースンは解り切らないもどかしありです。

>捻くれた悪漢役が光りますね。

全く同感ですね。
「フレンチ・コネクション」の官憲役にしても、所謂正義の味方ではなく、アングルによっては悪役にも見えるような立ち位置でしたよね。

>「ミシシッピーバーニング」

アラン・パーカーの傑作。人間のおぞましさを感じましたねえ。
十瑠
2024年05月06日 12:16
70年代の決定的な名作の2本が「フレンチコネクション」ともう一つは何だろうと考えてたんです。やっぱ「ポセイドン・アドベンチャー」ですよね。他に双葉師匠が80点を付けられてた「スケアクロウ」もありましたが、やっぱあのパニック映画は最高に面白かったですもんね。

あと思い出すのは「俺たちに明日はない」、「追いつめられて」、「許されざる者」。

マイケル・リッチー監督、レッドフォード主演の「白銀のレーサー」っちゅうのにもスキーのコーチ役で出てました。
オカピー
2024年05月06日 18:40
十瑠さん、こんにちは。

>70年代の決定的な名作の2本が「フレンチコネクション」ともう一つは何だろうと考えてたんです。やっぱ「ポセイドン・アドベンチャー」ですよね。

時系列でもそうですが、スターダムに直結する大衆的な二本となると、そういうことになりますよね。

>「俺たちに明日はない」、「追いつめられて」、「許されざる者」

「追いつめられて」はケヴィン・コスナーしか思い出せない^^;
他の二作も印象深かったですねえ。

>「白銀のレーサー」

この辺の映画が全く再鑑賞できないので欲求不満が溜まります。かと言ってお金を出してまで・・・というところでありまする。