映画評「お嬢さん探偵 ときめき連発!」

☆★(3点/10点満点中) 1987年日本映画 監督・黒沢直輔 ネタバレあり 胡桃沢耕史の「お嬢さん探偵」をロマン・ポルノ化。 当時の話題性としては香港クンフー映画「大福星」に出演して映画女優としてデビューしたボディビルの百恵ちゃんこと西脇美智子の主演であったと思われる。記憶があるようなないような感じです。 見合い…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「エピデミック~伝染病」

☆☆★(5点/10点満点中) 1987年デンマーク映画 監督ラース・フォン・トリアー ネタバレあり ラース・フォン・トリアーの長編第2作。  第1作の「エレメント・オブ・クライム」でもドイツ表現主義という印象の中に、ポーランド時代のイエジー・スコリモフスキーを思い出させる画面感覚を感じたが、それはこの映画にもある。彼ほど前衛…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「エレメント・オブ・クライム」

☆☆★(5点/10点満点中) 1984年デンマーク映画 監督ラース・フォン・トリアー ネタバレあり 僕が観た一番古いラース・フォン・トリアー作は1996年の「奇跡の海」なので、1984年発表の本作は初見である。長編第一作との由。 刑事フィッシャー(マイケル・エルフィック)は、自国での仕事で精神的ショックを受け、戻ったカイ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「グリーン・ナイト」

☆☆★(5点/10点満点中) 2021年アメリカ=カナダ=アイルランド合作映画 監督デーヴィッド・ロウリー ネタバレあり “緑の夜”って何だ? と思っていたら、Knight でした。14世紀に書かれた作者不明の長編叙事詩「ガウェイン卿と緑の騎士」の映画化。昔の文学に関しては人後に落ちないと自負していながら、僕は知らなかった。不…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ノック 終末の訪問者」

☆☆★(5点/10点満点中) 2023年アメリカ=日本=中国合作映画 監督M・ナイト・シャマラン ネタバレあり 先日の「バビロン」もそうであったように、キリスト教や聖書を一通り知っていた方が楽しめるという洋画は少なくない。M・ナイト・シャマランのサスペンスである本作もその類で、キリスト教の考えに基づく終末論映画に近いものの、そ…
コメント:2

続きを読むread more

映画評「そして僕は途方に暮れる」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2022年日本映画 監督・三浦大輔 ネタバレあり まだFMでエアチェックをしていた40年近く前ヒットした大沢誉志幸の歌の題名をイメージ・ソースとした舞台の映画化。原作戯曲、脚色、監督は全て三浦大輔。ある種の喜劇である。 フリーター藤ヶ谷太輔は、5年も同棲している恋人・前田敦子にラインの女性…
コメント:0

続きを読むread more

画像問題:Who is she/he? No. 23

昭和30年代生まれ以上の方にはお馴染みの男優です。僕らが若い頃と違って、今欧州映画を見る人は少ないでしょうから、若い人は解らないかもしれませんねえ。 あの巨匠が重用してそのうちの二本は映画史を語る時必ず出て来るものですが、大衆映画ファンには、同国(どこ?)で一番有名であろう女優と共演した少なからぬ作品群を思い起こすことであ…
コメント:6

続きを読むread more

映画評「メグレと若い女の死」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2022年フランス=ベルギー合作映画 監督パトリス・ルコント ネタバレあり 僕より年上のミステリー・ファンには、ホームズ、ポワロに次ぐ有名探偵(公立探偵=刑事)メグレ警視の戦後作(1954年)をパトリス・ルコントが映画化した。  僕がメグレを知ったのは、45年前愛川欽也が演じた日本版によってで、…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「バビロン」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2022年アメリカ映画 監督デイミアン・チャゼル ネタバレあり 「イントレランス」(1916年)の製作を題材にした映画に「グッドモーニング・バビロン!」(1987年)という秀作があるが、その「イントレランス」が悪徳・退廃の町としたのが古代中東の大都市バビロンであり、それに喩えられるのが1920年…
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ペルシャン・レッスン 戦場の教室」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年ロシア=ドイツ=ベラルーシ合作映画 監督ヴァディム・パレルマン ネタバレあり ホロコースト関連では次々と興味深いネタが掘り起こされる。短編小説の映画化となっているが、その小説が実話を基に書かれたものらしい。 ユダヤ青年ナウエル・ペレス・ビスカヤールが、護送中のトラックの中で食料と…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「七人の秘書 THE MOVIE」

☆☆(4点/10点満点中) 2022年日本映画 監督・田村直己 ネタバレあり TVドラマは十代半ばから殆ど観て来なかったので、題名すら知らないものが多い。従って、オリジナルの面白味に頼っているものほど僕には面白くないので、かつては “劇場版” 等を題名に付けた作品は回避していたが、最近は観るべき洋画が減ってきたこともあって、結…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アフター・ヤン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2021年アメリカ映画 監督コゴダナ ネタバレあり 「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド」というドイツの近未来SFを8か月前に観たばかりが、これもアンドロイドが重要の役を負っている。あちらが解りやすい西洋哲学SFであるとすれば、こちらは只管静謐で低回的な東洋哲学的映画詩という感じである。  …
コメント:0

続きを読むread more

映画評「キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年イギリス=フランス=アメリカ合作映画 監督マルジャン・サトラピ ネタバレあり ノーベル賞を物理学賞・化学賞二部門で受賞したマリー・キュリー(とその夫ピエール)の伝記は1943年にマーヴィン・ルロイが映画にしているが、80年前の映画だから美談的な扱いが目立った記憶がある。それに比すると、こ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「オットーという男」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2022年アメリカ=スウェーデン合作映画 監督マーク・フォースター ネタバレあり 自国の作家フレドリック・バックマンの小説を映画化したスウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」をアメリカ映画界がリメイク。アメリカ映画におけるオリジナル脚本の欠乏は誠に嘆かわしい。  勿論、脚本欠乏問題と作品の価値は…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「シング・フォー・ミー、ライル」

☆☆★(5点/10点満点中) 2022年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック ネタバレあり 児童文学には甚だ疎いので当然知らない米国の児童文学作家バーナード・ウェーバーのシリーズの実写映画化。CGに頼ったこういう映画を実写というのは未だに抵抗があるが。 NY。売れないマジシャンのヴァレンテ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「マーベリックの黄金」

☆☆★(5点/10点満点中) 1971年アメリカ=イギリス合作映画 監督サム・ワナメイカー ネタバレあり 「マッケンナの黄金」(1969年)「マタクンベの黄金」(1976年)という邦題の映画があって、いずれも西部劇であるし、当時から本作とよく混同したが、今となっては益々どれがどれだか解らないようになった。大昔に多分吹替版で観た…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「真珠」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1946年メキシコ=アメリカ合作映画 監督エミリオ・フェルナンデス ネタバレあり 大学の第二語学に選んだ英語の教材がジョン・スタインベックの中編「真珠」だった。確かこれは文庫本が出ている筈と本屋で買って来たが、講師は学生の行動を見越して、角川文庫の大門一男の訳のミスを早々に指摘した。それでも、僕…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「東は東」

☆☆(4点/10点満点中) 1951年アメリカ映画 監督キング・ヴィダー ネタバレあり 戦争花嫁の話は、日本では女性作家が興味を示して有吉佐和子「非色」など注目すべき小説が出ている。こちらはアメリカ人から眺めた日本人戦争花嫁のお話。 朝鮮戦争で重傷を負った軍人ドン・テイラーが、移送された日本で甲斐甲斐しく面倒を見てくれた…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2022年アメリカ=ドイツ合作映画 監督ブレット・モーゲン ネタバレあり デイヴィッド・ボウイのアルバムは、第2作『スペース・オディティ』(インディ・レーベル時代の第1作は世間では殆ど存在しないような扱い)から第14作『レッツ・ダンス』まで持っているが、やはりこの映画のタイトルに借用された「ムー…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「Winny」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2023年日本映画 監督・松本優作 ネタバレあり 20年程前 Winny というソフトを巡り開発者が逮捕され、7年後に最高裁で無罪になった事件を憶えている。僕も2チャンネルを興味本位で閲覧し、たまに書き込みをしていた頃だ。 東大大学院で助手をしていた天才エンジニア金子勇(東出昌大)が、実際に…
コメント:0

続きを読むread more