映画評「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1999年イギリス=アメリカ合作映画 監督マイケル・アプテッド ネタバレあり 「007」シリーズ第19作。  前回ブログで取り上げていない007は本作だけと述べたが、次の第20作も取り上げていなかった。訂正してお詫び致します。 MI6の構内でイギリスの石油王(その名もキング)が特殊工作で…
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2023年アメリカ=日本合作映画 監督アーロン・ホーバス、マイケル・イェレニック ネタバレあり 遅くなったが2024年第一回鑑賞作品。言わずと知れた、日本製の有名アクション・ゲームの映画化である。 1993年に作られた実写版「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」を観たが、誠に詰まらなかった。この…
コメント:0

続きを読むread more

一年遅れのベスト10~2023年私的ベスト10発表~

 群馬の山奥に住み、持病もあり、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2023年私的ベスト10は皆様の2022年にほぼ相当する計算でございます。  スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも入れることにしていますが、プライムビデオ等における大旧作にも未鑑賞作が少なくなり、そのせいもあって昨年☆☆☆☆(8点/10点満点中)以…
コメント:6

続きを読むread more

映画評「拳銃魔」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1950年アメリカ映画 監督ジョセフ・H・ルイス ネタバレあり 原作者で共同脚色も担当したマッキンリー・カンターは、実在の男女ペア強盗犯ボニー&クライドのヴァリエーションとして書いたにちがいない。Filmarksに“元祖ボニー&クライド”と紹介する人がいたが、その表現は不正確である。確かに映画「…
コメント:2

続きを読むread more

映画評「プライベート・ライアン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1998年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ ネタバレあり ここ数年再鑑賞しようと思っていたが、170分という長さがなかなか許さなかった。  25年前日本でも大いに話題になり、この辺りからマット・デーモンが一般ファンにも知られるようになったという記憶がある。スティーヴン・スピルバーグ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「すずめの戸締まり」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2022年日本映画 監督・新海誠 ネタバレあり こんなことってあるのだろうか! 地震をテーマにした新海誠のこのアニメのWOWOW初放映の5時間前に本当に大地震と“大津波警報”が出るとは! 「すずめの戸締まり」の登場人物が活躍しなかったようである。 女子高校生岩戸鈴芽(声:原菜乃華)が、町…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「おじいちゃん、死んじゃったって。」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・森ガキ侑大 ネタバレあり 奇しくも二日続けて葬儀関連である。しかも、これもまた喜劇色が相当強い。人の死だからと言って余りおごそかに作っても観客が参ってしまうからこういうのも悪くないだろう。 青春を謳歌する独身女性岸井ゆきのが、恋人とのセックスの最中に父(光石研)方の…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アイ・アム まきもと」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2022年日本映画 監督・水田伸生 ネタバレあり 阿部サダヲが地面に寝転がって空を見ているので、“こりゃ「おみおくりの作法」かいな?”と思い始め、彼が市役所おみおくり課の役人と判った段階でリメイクと確信した。 孤独死をした人々の葬儀を自費で行い、その葬儀も、警察が嫌がるのを無視して葬式に参…
コメント:0

続きを読むread more

画像問題:Who is she/he? No. 25

本年の第一弾は、この男優。 映画にも多数出ていますが、映画の場合はどちらかと言うと脇役が多く、個人的に印象深いのは50年余り前に観たTVシリーズの彼ですかね。ここの常連さんもそういう方が多いのではないでしょうか? 同じ女優を二度結婚しました。同じ頃リチャード・バートンとエリザベス・テイラーが同じ事をやっていて、英米の…
コメント:6

続きを読むread more

映画評「ワイルド・スピード/ファイヤーブースト」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2023年アメリカ=日本=中国合作映画 監督ルイ・レテリエ ネタバレあり シリーズ第10作は人物を色々と再登場させると同時に、映画の性格を少し変えた。数作続いたスパイ・アクションからもっと個人的なものへと新規まき直した形で、実質的に次の第11作と合わせて一つの話を構成するという「ハリー・ポッター」…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「東京の女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1933年日本映画 監督・小津安二郎 ネタバレあり 原作のエルンスト・シュワルツは小津安二郎の偽名で、洒落っ気。ファースト・ネームについては、尊敬するエルンスト・ルビッチが頭にあったのだろう。現にルビッチも参加したオムニバス映画「百万圓貰ったら」が結構長い尺で紹介される。 しかし、そんな洒…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「淑女と髯」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1931年日本映画 監督・小津安二郎 ネタバレあり 小津安二郎サイレント映画の新音声シリーズ第2弾。尤も、アテレコに近い音声については20年程前に観ているのと同じよう。今回特別に加工したというわけでもないらしい。 剣道の大学生達人・岡田時彦が、ズべ公・伊達里子の強請から、タイピストの川崎弘子…
コメント:0

続きを読むread more

古典ときどき現代文学:読書録2023年下半期

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。  本年も記事の第一弾は読書録。すっかりお馴染みになったと思われます。例によってリストの前に少し前口上をば。  このところ大分新しい作品が増え、“オカピーの爺は相変わらず変なのばかり読んでいる”という段階を抜けつつありますが、今一つコメントが増えませんねえ。…
コメント:14

続きを読むread more

映画評「非常線の女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1933年日本映画 監督・小津安二郎 ネタバレあり 小津安二郎監督作品は現存するものは全部観ているはず。今月WOWOWがサイレント映画の新音声版なるものを6本特集して放映したが、本ブログでまだ取り上げていない3本を久しぶりに再鑑賞する。 これは珍しい和製ギャング映画で、画面はデジタル・リマ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「新・明日に向って撃て!」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1979年アメリカ映画 監督リチャード・レスター ネタバレあり 43年前に余り期待しないで観たが、案外面白かった記憶がある。【続】にしなかったのはセンスが良いとすべきか。今なら【ビギニング】となっていただろうが、サブタイトルを付ける風潮がなかった時代らしいすっきりした邦題だ。 変な条件を付…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「犬、走る DOG RACE」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1998年日本映画 監督・崔洋一 ネタバレあり 崔洋一監督によるドッグ(犬)再び。 現在の新宿。悪徳刑事・岸谷五朗は、在日朝鮮人の半グレ大杉連と組んで悪さばかりしている。在日系ヤクザの遠藤憲一の中国人情婦・富樫真と懇ろの関係になっているが、彼女は実は大杉も好いている。  が、ある時その彼女…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「襲撃 BURNING DOG」

☆☆★(5点/10点満点中) 1991年日本映画 監督・崔洋一 ネタバレあり 崔洋一監督の東映Vシネマというのがちと珍しい。 東京で強盗事件を起こしたグループが仲間割れし、生き残った又野誠治は沖縄に逃げ、やがてかつての強盗仲間の内藤剛志と再会する。内藤は米軍基地のゴミ回収をして一応堅気になったふりをしているが、基地の金庫…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ジェイ・ローチ ネタバレあり 僕がドルトン・トランボの名を知ったのはまだ中学生だった1973年「ジョニーは戦場へ行った」の脚本・監督によってである。映画が余りに凄かったので原作も買った。  その僅か3年後に彼が亡くなった時に短い評伝で赤狩りの被害に遭ったことを知った…
コメント:10

続きを読むread more

映画評「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2023年日本映画 監督・三木慎太郎 ネタバレあり こういう純然たる記録映画は映画評を書くのが難しい。音楽のライブ・ドキュメンタリーと同じ位難しい。何故なら人は対象たるスポーツやライブの興奮度で判断してしまうからである。  同じスポーツものでも河瀬直美の「東京オリンピック」などは作者の視点が読…
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り」

☆☆★(5点/10点満点中) 2023年アメリカ=カナダ=イギリス=アイスランド=アイルランド=オーストラリア合作映画 監督ジョン・フランシス・デイリー、ジョナサン・ゴールドスタイン ネタバレあり 名前だけは知っているロール・プレイング・ゲームの映画化。20年くらい前に観た愚作のリブート版で、今回の評判は相当良い。但し、僕は、…
コメント:0

続きを読むread more